勉強嫌いは克服できる!勉強が嫌いになる原因から対策までの全手法

勉強嫌い・苦手克服
スポンサーリンク

こんにちは。佐々木です。

私はこれまで、400人以上の勉強嫌いのお子さんの指導を行ってきました。

 

一度勉強が嫌いになると引きずってしまいがちで、悩んでいる人は大人から子どもまで幅広いですね。学生時代についた苦手意識が大人になってもそのまま…という人も多いかもしれません。

勉強嫌いはとても手ごわいですが、直す方法はあります。

 

勉強嫌いを直すためには、勉強嫌いになってしまった原因を正しく把握し、それに合った対策をとることが重要です。

そこで本記事では、勉強嫌いを克服する方法に至るまで、全手法をまとめました。

勉強嫌い克服Step1 勉強嫌いになる原因を知ろう

勉強嫌いの原因は主に5つ

まずは原因の把握から始めましょう。勉強が嫌いは怠けている、さぼっているというわけではありません

勉強が嫌いになる原因、理由は大きく4パターン。

  • 「わからないから嫌い」
  • 「やっても成果が出ないから嫌い」
  • 「意義・目的が理解できないから嫌い」
  • 「やらされてやるのが嫌」
  • 「他のことで気持ちがいっぱい」

等の理由が考えられます。どれか一つの場合もあれば、複数が絡んでいる可能性も。

原因がわかれば対策も立てやすいです。

あなたの勉強嫌いはどこから?

関連記事:勉強嫌いになる原因はこれ!勉強を嫌いになる心理学的理由5つ

 

勉強嫌いになりやすい人

勉強嫌いになりやすいタイプと、なりにくいタイプが存在します。

勉強が比較的得意な人は、聞いたことをすぐに覚えられたり、とりあえずやってみることができます。そのため習得が早い。「黙ってやれ」「言われたとおりにやれ」と言われても「そういうものか」と納得し、実行することができます。これは長所でもあり短所でもあります。

 

一方、勉強の際に、なぜ?どうして?が気になってしまうタイプの人は、細かなところが気になりなかなか進めません。結果的に「勉強が理解できない」「テストで全然点が取れない」→「勉強はつまらない!」と結論付けてしまいがち。

しかし、勉強する内容の本質を理解するためには「どうしてそうなるのか」を理解することも求められます。きちんと納得して進めていけたら強いですね。つまり彼らは大器晩成型です。

 

このタイプで勉強が嫌いになってしまった人は、時間の許す限り、納得するまで調べるような学習スタイルが向いています。

 

勉強嫌い・勉強苦手になる原因とは? 勉強が得意な子と苦手な子の考え方の違いとは

 

勉強嫌いは「やってもできない」が最大の原因

勉強が嫌いになるのは、「やってもできないから」が最大の原因です。

学習性無力感といって、「どんなに頑張ってもうまくいかない」ことに気付くと、人はそれ以上の努力を辞めてしまうという研究結果があります。

たくさん勉強したのに志望校に落ちてしまった、徹夜で頑張ったのに、テストの点が悪かった、ということが続くと「自分は勉強を頑張ってもダメ」という結論に至ってしまい、それ以上勉強をしなくなってしまいます。

あなたや、あなたのお子さんは、この状態になっていませんか?

 

学習性無力感について、詳しくはこちら:子どもの勉強嫌い克服のために親ができること それって学習性無力感かも?

勉強嫌い克服Step2 勉強嫌いを克服しよう

小学校高学年~中学校あたりが、勉強嫌いになりやすいタイミングです。

某機関のアンケートでは、中2の6割、半数以上が勉強嫌いという驚きの調査結果が出ました。

この時期は勉強する量が増え、内容も難しくなるので勉強嫌いが大量発生します。この時期の勉強嫌いは一生引きずる可能性もあるので的確な対処を!

いちばん大事な時期、中学校での勉強嫌い克服法とは?

関連記事:勉強嫌い克服のプロが教える!中学生の勉強嫌いを克服する方法 

 

勉強する目的は何か

「なぜ勉強するのか」が固まらないと勉強できない!そんなあなたのために「勉強の動機6つ」をご紹介します。

 

「なぜ勉強するのか」勉強する動機と理由6つ

 

余談ですが、成績優秀な友人に「学生時代、どういう理由で勉強していたの?」と質問したら、返ってきた答えは意外にも「モテるため」でした。

驚くことに、「モテたくて勉強していた」人は多いのかもしれません。

 

勉強するには高尚で崇高な理由が必要なようにも思いますし、不純な動機で勉強するべきではないと考える人もいますが、勉強するきっかけや動機なんてなんでもいいんじゃないでしょうか。

関連記事:モテるために勉強するのはアリ?ナシ?

学校の授業は社会に出て役に立たない?

「学校で習うことなんて社会に出ても役に立たない。だから勉強なんかしない」と主張する人がいます。連立方程式なんかわからなくたって社会で生きていけるみたいな主張ですね。

 

学生さんだけでなく、大人の方にもこの主張をする方はいますね。

 

ですが私はこれは誤解だと思いますし、こういうことを言う大人を信じて勉強を辞めてしまうのは愚かなことだとさえ思います。

 

確かに、仕事によっては使う知識・使わない知識はありますが、知識はどれだけあっても邪魔にはなりませんし、奪われることはありません。自分の見識を広げるだけでなく、可能性を広げるうえでも絶対に役に立つので、騙されないでほしいと思います。

 

学校の勉強は社会で役に立たないと言っている奴に物申したい。学校の勉強は役に立つ

勉強嫌い克服Step③ 勉強嫌いの人のための勉強法

まずは苦手意識を和らげる

勉強が嫌いな人は、ますます勉強が嫌いになります。

脳は、脳の入り口で情報を「好き」か「嫌いか」に分けています。

好きな情報はどんどん脳に入っていきますが、嫌いな情報は入り口でブロックされてあまり入っていきません。加えて、「危険なもの」からは反射的に遠ざかろうとする作用まであります。

 

つまり、勉強を「嫌い」とか「危険」と考えているうちは、脳に全然入っていかないというわけですね…なんということでしょう。

勉強に対して苦手意識を持っている人は、そのまま取り組んでも望んでいる成果は小さいかもしれません。がんばっているのに覚えられなかったら、余計に勉強が嫌いになります。

 

つまり、苦手意識がある→脳がブロックして覚えてくれない→結果が出ない→ますます嫌いになる

というループに入ってしまう…。

だから、まずは苦手意識を減らすのが得策です。

勉強の苦手意識を克服する方法 脳科学に基づく苦手の克服方法

 

まずは「まし」なものから始める

ではどうすればいいのかというと、勉強に対する苦手意識が少ない科目や内容から勉強をスタートするのが得策です。

「好き」まではいかなくても、「まだマシ」とか「まんざらでもない」ものから始めて、少しずつ知識を増やしていく方法です。

勉強嫌い克服のカギは「学習の転移」にあります。

学習の転移とは、何か一つを極めると、その知識や学び方をほかのことにも活かせるという理論です。

たとえば、野球をやっていた子は脚力があるので陸上競技もうまくできます。スポーツを一つまじめにやっていると、すでに体力がありますし、上達のための練習法を理解しているので、ほかのスポーツを始めてもうまくできる可能性が高いです。

このように、得意分野がひとつあると、別のことを始めても生かすことができます。

スポーツに限らず、勉強でもこの考え方は活かすことができます。例えば、英語を学んだことがある人は、中国語もすらすらと学ぶことができます。基本文型が同じですし、日本人になじみの深い漢字表記ですしね。

このように、得意なことがひとつできると、ほかのことにも活かせる可能性が高いです。

 

だから、勉強が嫌いな人はまず「得意教科」を一つ作って、そこから広げていく勉強法がおすすめでです。得意なことがひとつあると、他のことも伸びる。

いろいろなことに手を広げて挫折する前に、まずは一つを伸ばして得意なことを作ろう!

 

勉強嫌いな人が勉強を始めるためのポイントを「ノウハウ編」と「マインド編」にまとめています。

 

勉強嫌いな人って、「自分は勉強ができない」とかたく信じ込んでいる、というかそう思い込みたい?部分があるんですよ。

「この問題は難しいな~」と思いながら解くと、どんな問題も難しく感じてしまいます。

試験ですごく難しいと感じた問題が、解説を聞いたら大したことなかった!という経験、ありませんか?

 

このように、「無理!」「難しい!」と思い込むと、なかなかできなくなってしまうもの…。

でも、やってみたら大したことなかった…ということもあります。

 

だから、まずは小さなことから始めてみませんか。

勉強嫌いを克服する方法16選 小さなことから勉強を始めよう!

 

あなたに合った勉強法

勉強が苦手になる最大の原因は「やってもできない」ことにあります。他にも理由はあるかもしれませんが、これが一番多数派で、一番深刻な原因でもあります。

 

もし、頑張ってもダメだった場合、努力の量が悪いというよりも、努力の質が良くなかったのかもしれません。つまり、勉強の仕方が間違っていたのかも。

 

特に、勉強が苦手な子の場合、勉強がすでにできる子、勉強が得意な子の真似をして同じ勉強法を取ってみても、うまくいかない可能性が高いです。

たとえば、勉強が得意な子は要領が良くてどんどん物事を覚えて手を動かせますが、勉強が苦手な子は「なぜ?」「どうして?」が気になって進めないことがあります。ここで疑問を無視して進めてしまうと、勉強はとてもつまらなくなるでしょう。

 

人が一人ひとり考え方が違うように、勉強との向き合い方も違いますし、どんな勉強法が合っているかも違います。

 

特に、私が勉強嫌いの子の家庭教師をする際は、その子に合った勉強法を提案することから始めます。コチラの記事では、その人に合った勉強法の見つけ方のヒントを書きました。

あなたにあった勉強法を見つけることが、勉強を得意にする近道かもしれません。

 

関連記事:自分にあった勉強法の見つけ方

苦手科目の勉強法

試験前・受験直前にに何をやれば良いのか迷いますよね。得意を伸ばすのか、苦手を埋めるのか。

私としては、ぜひ「苦手を埋める」ことに取り組んでもらいたいと思います。

なぜなら、その方が効率的だから。

80点取れる得意科目を10点あげるよりも、50点の苦手科目を30点あげるほうが簡単だし、合計点もアップします。

では、苦手科目の得点を上げるにはどう勉強したらいいのでしょうか?その方法を解説しました。

苦手科目の勉強法 苦手科目は伸びしろ!苦手科目を克服する3つのアドバイス

勉強嫌い克服Step④ 大人向け記事

大人の勉強嫌い克服方法 大人の勉強で大事なのはたったひとつ

勉強嫌いなまま大人になってしまった人へ。大人の勉強のつまずきポイントと、克服のための実践的なノウハウをご紹介します。

 

 

勉強嫌いを克服する方法 まとめ

  • 勉強が嫌いになるのは「できないから」
  • 常識にとらわれず、自分がやりやすい勉強法を見つけましょう
  • できること・得意なことを作りましょう
  • 「勉強してもいいかも」くらいを目指しましょう

 

勉強嫌いは、正しい方法で克服ができます。そのヒントは、勉強が嫌いになった理由を知ることと、あなたに合った勉強法を見つけること。そして、何か一つ得意なことを作って「これならできる」という自信を固めれば、その自信をほかの分野にも活かすことができます。

 

苦手意識を持ちながらも勉強しようとするのは素晴らしいことです。私はその気持ちを応援したい。

もし、わからないこと、困ったことがあればお気軽にご相談くださいね。以上、佐々木でした。

 

子どもが勉強嫌いになる原因はこれ!勉強を嫌いになる心理学的理由5つ
勉強が嫌いな学生400人以上と接してきた中で分かった「人が勉強を嫌いになる理由」をご紹介します。勉強が好きな人にとっては、勉強嫌いの人の心理は理解しがたいかもしれません。しかし、勉強が嫌いになるのには明確な理由があります。原因は大きく分けて4つ、「できない」「意味がない」「反発心」「ストレス」など。これらがわかると解決策も見えてきます。
勉強嫌い・勉強苦手になる原因とは? 勉強が得意な子と苦手な子の考え方の違いとは
こんにちは。佐々木です。 勉強が得意な子と、勉強があまり得意でない子には、ある考え方の違いがあります。 ・子どもがなかなか勉強しない ・勉強を教えても、うまくいかない ・なかなか理解できずイライラする では、ど...