子どもが勉強嫌いになる原因はこれ!勉強を嫌いになる心理学的理由5つ

勉強嫌い・苦手克服
スポンサーリンク

こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。

 

 

「勉強が嫌いだ」という人は、学生、社会人等、年齢にかぎらず多いのではないでしょうか。

 

家庭教師先の親御さんからは、

 

「うちの娘が全く勉強しなくて…」

 

 

 

「息子の勉強嫌いをなんとかしたいのですが…」

 

 

と、悲痛な声をいただきます。

 

また、社会人の方からは

 

「上司から勉強するように言われたけれども、学生時代から勉強がきらいで…」

 

 

というご相談を受けることが多々あります。

 

勉強嫌いのお悩みは年齢問わず。みんなあるんですよね…。

 

正直、「勉強が好き!」と胸を張って言える人のほうが少数派で、ほとんどの人は多かれ少なかれ「勉強嫌い」なのではないか、とさえ思います。

 

(勉強さん、こんなにもみんなから嫌われてしまってかわいそうに…ドンマイ勉強さん…)

 

では、どうして人は勉強を嫌いになるのでしょうか?

 

本記事では、子どもが勉強を嫌いになるおもな原因について考えます。

大きく分けると「勉強内容に関する原因」と、「勉強に関係がない原因」に分けられます。

 

それぞれについて考えてみましょう。

 

勉強内容に関する原因

まずは勉強内容に関する理由です。

 

勉強がうまくいかないと、勉強することがつらくなり、勉強をどんどん嫌いになっていきます。

 

ちなみに、勉強が嫌いになる原因の半分以上はこの①か②、あるいは両方です。

反対に、これらの原因で勉強が嫌いになっていた場合、うまくいっていない部分を解決すると、勉強に対してやる気を見せることもあります。

勉強嫌い原因① 理解ができない

学んでいる内容が理解できていないと、勉強が嫌いになります。

 

人間の脳には、わからないもの、得体の知れないものを意識的に避けようとする作用があります。

学んでいる内容がわからない、何をしているかわからない状態は、とてつもない苦痛。

 

例えば、あなたが夜道を歩いているとしましょう。

人通りのない道なのに、どこからか、コツコツと足音が聞こえます。

そしてその足音が、

コツコツ

コツコツコツ

コツコツコツコツ…

と、だんだん、近付いてきます…

 

どんな気持ちですか?!

 

怖いですよね!?!?

逃げますよね!?

 

得体の知れないものはとにかく怖いし、避けたくなるもの(たとえその足音の主が友だちだったとしても)

 

学生さんの場合、当然ですが、学年が上がるごとに学習内容は高度化し、授業もスピードアップします。

 

1日の大半にわたって、「何を言っているのかわからない授業」、「理解できない言葉」を聞かされるのであれば、相当なストレスが溜まるのも無理はないですね…勉強コワイ。

 

関連記事:お子さんは大丈夫!?50%の中学生が教科書を理解できていない

勉強嫌いの原因② やっても成果が出ない

「聞いても理解できない」以上に深刻なのが、「やってもできない」状態です。

 

想像してみてください。

テスト前に遊びに行くのを我慢し、ものすごく頑張って勉強して、前日は一夜漬けして勉強して、テストに臨みました。

返ってきた結果は、過去最低点でした。

 

あなたはどう思いますか?

 

この状況下で、「よし、次がんばろう!」なんて思えますか?

 

私だったら「もう二度と勉強なんかしない!」と思ってしまいます。数日部屋にこもって出てこないかも…。

 

がんばっても成果が出なかったら、子ども心は傷ついてしまうでしょうし、次は大丈夫なんて思えないですよね。

 

さらに、ちょっと専門的な話になるのですが、教育心理学に、学習性無力感という考え方があります。

学習性無力感とは、一度「自分にはできない」ことを知ってしまうと、もう努力をしなくなってしまうという心理状態のことです。

アメリカの心理学者であるマーティン・セリグマンらが10年間近くの研究をもとに発表した理論で、「何をしても意味がない」と思い込んでしまうと、たとえそれが苦しい状況であったとしても、逃れようとする努力すら行わなくなるという考えです。

心理学豆知識「学習性無力感」より

 

「いやな体験をした時に、自分でそれを対処できないと、『自分はダメ、できない』ことを学習して無力感に陥ってしまうという」という理論です。

 

人間にとって一番つらくて怖いのが、「頑張ったのに出来なかった」という状況です。

 

ひとたび「頑張っても無理だ!」と思ってしまうと、嫌になって努力をやめてしまうのですね。

 

そして勉強嫌いまっしぐら。

 

もし、お子さんがもともとは勉強が好きだった、あるいは勉強をきちんとする子だったのにやらなくなったのであれば、この「学習性無力感」かもしれません。

 

 

勉強嫌いの原因③ 学ぶ意味や目的が理解できない

 

「こんなことを学んで、将来何の役に立つの?」

 

「夢や目標がない。勉強したくない」

 

こんなセリフ、一度は口にしたことがありませんか?あるいは、まわりの人が言っているのを聞いたことがあるかもしれません。

 

このように、学ぶ目的や意義がわからないと勉強に身が入らない人もいます

 

大人の勉強は、資格をとるため、社会での昇格のためと、目的が定まっている場合が大半かもしれませんが、中には「人から言われて、仕方なくやっている」という人もいるかもしれません。

 

大量の書類をさばきながら、ふと

 

これって一体何の役に立つんだろう?

と、思ったことはありませんか?

 

 

私はあります!!!!!(いや、ドヤることじゃない)

 

人間は、自分のしていることに意味、意義を求めます。

 

何か行動する時、自分の能力アップのためになるとか、誰かが喜んでくれるとか、そういうポジティブな何かを求めてしまうのです。

 

意味の分からない作業はをしたって頭には入りませんし、苦痛になります。

 

目的が見えない作業は、当人にとっては「無駄」なものにしかならないのですね…。

 

勉強はすぐに結果がすぐに出るわけではありません。特に学校の勉強って、やったらすぐに成果が出るタイプのものではないですものね。

 

結果が見えにくいから無駄に思えて、勉強を嫌がるのも無理はないのです。

 

勉強内容に関係がない原因

こちらは①、②、③の「勉強内容に関係がある理由」に比べると少ないですが、子どもならではの原因もあるので考慮に入れておく必要があります。

 

勉強嫌いの原因④ “やらされ感”に対する反発心

 

勉強しなさい!

今やろうと思っていたのに!!!!!(このあとケンカ勃発)

 

 

こんなやりとり、経験ありませんか?

 

アニメでもよくある光景ですよね~。

 

命令されると、とたんにやる気をなくすアレです。きっとあなたにも経験があるはず。

 

命令的な言い方をされると反発心が生まれるのは、「心理的リアクタンス」と呼ばれ、心理学でも立証されています。

心理的リアクタンスとは、自分の意見や行動を他人から強制されたり制限されたりしたとき、反発して自分の意見に固執したくなることをいいます。

とくに反抗期の子どもによく見られます。

心理学者ブレームは、説得への抵抗は自分の態度や行動の自由を守るために生じるとしました。

心理学豆知識「心理的リアクタンス」より引用

人から言われて何かをすること、自分の意志で動けないこと、つまり「やらされてやること」は強いストレスになります。

 

特に、反抗期に入ってくる小学校高学年~中学生くらいになると、親や社会に対する反発心が生まれてくる子がいます。反抗期ですね!

 

その影響から、「勉強なんてカッコ悪い」「人から言われてやるなんて面白くない」と、勉強から遠ざかってしまう子がいます。

 

また、人間は大人になればなるほど「自分のことは自分で決めたい」と思うものです。

 

あれをやれ、これをやれ、と命令され、自分の意志で動けないと感じたとき、人はその対象を嫌いになります。

 

まわりの大人がプレッシャーをかけすぎている場合は、声のかけ方を工夫してみましょう。

 

関連記事:子どもに勉強させるとっておきの方法を教えます。本気の方だけご覧ください。

勉強嫌いの原因⑤ ストレス

日常生活へのストレスから、勉強を嫌いになる人もいます。

嫌いになるというより、勉強するエネルギーがからっからに枯渇している、といったほうが近いかもしれません。

 

勉強とは、知的活動です。カッコいい言い方をしましたが、要するに「アタマを使う作業」じゃないですか。

 

アタマが疲れ切っちゃっているときって、どんなに頑張っても、勉強できないんですよね~。

 

勉強に取り組むには体力と気力と集中力が必要です。

 

両親が毎日ケンカをしている、離婚問題のさなかにある、いじめにあっている等、心に悩みを抱えていてエネルギーがカラカラな状態では、心が勉強に向くはずがありません。

問題を抱えている人は、勉強に集中できるほどの、こころとからだの余裕がないのです。

 

ごくたまに、そのストレスを勉強に向けて、勉強するきっかけを掴む人もいますが、超激レアケースでしょう。

まずは安心して学べる環境づくりが先ですよ!

 

疲れている人は無理せず休もう!!

 

まとめ

 

  •  子どもが勉強嫌いになる原因は「勉強内容に関する原因」と「勉強に関係ない原因」
  • 勉強に関係のある原因なら、復習などの対策を
  • 勉強に関係のない原因もある

 

このように、勉強嫌いが起こる理由は人によって様々です。いずれか一つの場合もあれば、複数が絡み合っている場合も当然あります。

 

まずは、自分自身あるいは子どもが勉強嫌いになってしまった理由がどこにあるのかを考えてみてください。解決のいとぐちが見えてきます。

 

以上、佐々木(@kateikyo_megumi)でした!

 

◆解決策を知りたい方はこちらもお読みください!

なぜ子どもは勉強しないのか?勉強しない原因と対策をタイプ別に解説

・勉強嫌い克服のプロが教える!中学生の勉強嫌いを克服する方法

・勉強が嫌いな人必見!勉強嫌いを克服する全手法

Amazon商品リンクショートコード内にASINが入力されていません。
[無料]勉強法の教科書
中学生向けの勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。総ページ100ページ以上のガイドブックです。 「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
勉強嫌い・苦手克服
スポンサーリンク
スポンサーリンク

都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。
「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこと。
おかげさまで歴6年、合格率は97%超。著書5冊。取材・寄稿多数。●詳しいプロフィールはこちら

佐々木 恵をフォローする
勉強やる気ナビ