プロフィール

佐々木 恵(ささき・めぐみ)

専業プロ家庭教師/教育ライター/作家

「勉強が嫌いな子どもに、勉強の面白さを教えたい」をテーマに活動している専業プロ家庭教師です。第一志望校合格率97%。著書5作。

 

はじめまして。佐々木と申します。プロフィールページにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

「勉強に苦手意識がある」中学生の方を対象に勉強を教えている専業のプロ家庭教師をしております。

 

勉強が苦手な学生さんの気持ちをくみながら進める「共感力」の指導と、苦手でもわかる・できるように組み立てた「理論的」な説明の指導にご好評を頂いております。おかげさまですべてのお客様の成績が上がっており、合格率は97%です。

 

お子さんがなかなか勉強しなくて困っている方や、なかなか成績が上がっていかないとお悩みの方はぜひ一度ご相談くださいませ。

家庭教師のご依頼はこちらを御覧ください。

指導理念 

勉強を通じて自信をつける

勉強を通じて、人生を支える一生の自信をつけることができると私は考えています。

 

少々長くなってしまうのですが、お話させていただきますね。

 

私が10代の頃、勉強に強い苦手意識を持っている生徒さんに出会い、一緒に勉強させていただくことになりました。

 

彼女は小学校高学年から勉強につまずき、強い苦手意識を持っていました。中学入学にあたり、勉強の不安を解消するために指導を依頼してくださったのです。

 

小学生時代は学校授業についていけずに泣いたり、クラスメイトから馬鹿にされて悔しい思いもしたそうです。

 

そんな彼女を励ましながら、苦手な点をひとつずつ紐解き、できることから勉強を進めていったところ、最初のテストでなんとクラス上位の成績を出しました。

 

彼女も、親御さんも大変喜んでくださいました。そして、この試験での結果を機に、彼女はどんどん変わっていきます。

 

勉強ができるようになった途端、彼女は学級委員長に立候補したり、部活動でリーダー役を買って出るようになりました。

 

クラスでも、勉強がわからない友人に教えるようになり、学校に行くのもずっと楽しくなったようです。

家庭教師として生徒さんに関わっていくと、この現象は、どの生徒さんにも起きることがわかりました。勉強ができるようになると生徒さんの目は輝きだし、顔つきがしっかりしてくるのです。

らに、それまでは将来の夢や目標を持っていなかった彼らが、「こんなことをしてみたい」「将来はこうなりたい」と夢を語るようになったのです。

 

そんな生徒さんたちをみて、私はある確信をもちました。「成績が上がると、人は自信をもつようになる」と。

本当はみんな、勉強が好き

勉強が嫌いな生徒さん、強い苦手意識を持っている学生さんは「勉強なんか嫌い」「勉強なんかしたくない」「こんなの将来役に立たない」と後ろ向きな発言をします。

 

そんな後ろ向きな言葉を口にされると、周囲の大人は困ってしまいますよね。なんとか説得して勉強させようと試みますが、彼らも反抗期の年齢にあるため難しいのです。

 

しかし、勉強が嫌いな子どもたちと接し、じっくり対話を重ねていくなかで、分かったことがあります。

彼らは勉強が嫌いなのではありません。

 

生徒さんたちは、一度成績が上がると態度を一変します。勉強が嫌いだ、こんなの役に立たないと話していたとしても、です。

 

「勉強は面白い」

「わかるって楽しい」

「勉強しておいて、良かった!」

 

勉強が嫌いだと言っていた人たちの発言とは思えませんね。

 

彼らは、勉強がうまくいかないから「嫌い」になっているだけで、本当は勉強は大切なことであり、するべきことだと分かっているのです。

 

ただ、それができずに、悔しさや無力感のせいで、勉強から目をそむけるようになってしまっただけなのでした。

勉強嫌い克服に必要なこと

勉強嫌いを克服するために必要なことは、叱責でも説得でもありません。

 

勉強嫌いを変えるのは、他でもない「成果」です。

勉強した結果、分かったこと、できたことが増えていき、最終的に数値として表れる「成果」。テストの点の向上は学生たちを大きく変える威力があります。

 

ただし、それを一人で実現するのは至難の業。

だからこそ、「一緒に勉強しよう」と寄り添い、ときに弱音や愚痴を聞きながら、指針を示せる指導者が必要です。よいサポーターが近くにいれば、彼らは変わるきっかけを得ることができるのです。

 

それならば私は「一緒に勉強して、成果を出させる」人になろう、そうすればもっとたくさんの学生さんが自信を持てるのではないかと考えました。

「自己効力感」を高める指導

少々専門的な話をさせてください。

カナダの心理学者であるアルバート・バンデューラは、「これは自分にできそうだ」と思える感覚を「自己効力感」と呼びました。

「自分は勉強ができる」という感覚はまさにこの自己肯定感によるものです。

自己効力感を上げるための方略は4つあります。成功体験、代理学習、社会的説得、情緒的覚醒です。

成功体験とは、文字通り、「できた」体験です。何かに挑戦し、やり遂げた経験です。達成体験ともいえるでしょう。

代理学習とは、誰かの成功を見て学ぶこと。

社会的説得とは、他者からの励ましです。最初は弱気でも、友人知人、家族から励まされて、できる気がしてきたという経験をした人は少なくないはずです。

最後に、情緒的覚醒。心身共に元気でいることが、やる気の条件です。元気が無いときは、普段はできることもできない。反対に、元気なときは、普段はできないことができてしまうかもしれない。

 

家庭教師として生徒さんと関わるなかで、気がついたことがあります。家庭教師という仕事は、生徒さんに自己効力感を与えることができると。

 

まず最初に、勉強を通じて生徒さんに達成体験を与えてあげることができます。勉強して、勉強した分だけ成果が出たら、誰だって嬉しいもの。テストで点が上がる。誰かから認められる。志望校の選択肢が増える。間違いなく、レベルアップしています。

 

さらに、自分で目標となる志望校を決めて、それに向かって勉強し、合格をつかみ取る。その経験は人生の宝になるはずです。新たな場所で学ぶことで、知識も得ることができます。

 

自分自身が学ぶことで、代理学習を与えてあげることもできますし、ともに学び、励ますことで社会的説得を与えてあげることもできる。加えて、思春期という大切な時期にともに学ぶ支援者がいることで、メンタルも元気でいられます。

 

私は、生徒さんが窮地に立った時、あるいは挑戦をしようというときに「自分はできる」という感覚を持ってもらいたいのです。

 

その感覚は、勉強することで、得ることができるのです。

 

ゆるぎない自信。自己効力感があれば、勉強以外にも、どんな局面も切り抜けられるでしょう。そして、人の役に立てる人になれるはずです。

 

私は生徒さんに「学力」だけでなく、人生において役立つ「自己効力感」、その両方を、生徒さんにプレゼントしたいのです。

 

成功とは何か?

 

「いい大学、いい会社に入ったら、どうなるの?」

「お金持ちになるためには、どうすればいい?」

「どうすれば成功できますか?」

様々な角度から、生徒さんたちは聞きます。成功とは何なのか。成功するためには、どうすればいいのか。勉強すれば成功できるのか、等。

成功するために必要なことはふたつだと私は考えます。ひとつは自分が強くなることです。そしてもうひとつは、その強みを使って人の役に立つこと。人の役に立てば、皆から感謝され、人もモノのお金も集まってくるでしょう。

 

学ぶことに迷い続けてきましたが、勉強しておいて本当に良かったと今は思いますし、勉強することを勧めて下さった周囲の方々に感謝しています。

 

勉強したから、知識も、できることも増えました。今こうして家庭教師として自分の知識を人の役に立てられることに、喜びを感じます。自分がしたことで誰かが喜んでくれたら嬉しい。だからもっと、誰かの役に立ちたい。そのために、もっともっと勉強していきたいです。

 

そんな思いで、日々指導にあたっています。私と一緒に勉強することで、生きる意味を見つけると言ってしまったら大げさかもしれませんが、「自分はできるかも」という感覚を少しでもつかんでほしいのです。

 

「自分なんか」と思っている人のために、何かしたい

もし、勉強が苦手で、勉強がうまくいっていなくて、「自分なんかダメだ」「自分なんかどうせダメだ!」と思っている人がいるなら、ちょっと待ってください。

 

それは勘違いです。

 

断言します。勉強は、やり方次第でどうにでもなるものです。

 

あなたがその気になり、正しい方法を身につけて勉強すれば、ちゃんとできるようになります。

 

私は、あなたに自信をもってほしい。勉強ができるようになって、自分ってこんなこともできるんだ、あんなこともできるんだと、自分の可能性に気がついてほしい。

 

それに、今後はこんなことをしてみたい、あんなこともしてみたい!そんな夢や目標を話し合いたいです。勉強を通じて自信をつけよう。自分を強くしよう。そして人の役に立って、幸せになろう!

 

そんなことをお伝えしたくて、家庭教師として勉強を教える仕事をすることに決めました。夢と目標をもって生きていこうとする人を、私は全力で応援したいのです!

 

お客様からの声

実際に、家庭教師先の生徒様、保護者様からはこんな声をいただきました。

 

・どんどん成績が上がっていてうれしいです

期末テストでは数学で30点上がりました。今までは数学もつまらないから嫌だなと思っていたけど、いまはとっても楽しく勉強できています。(中1女子)

・自分から勉強したい!と思えるようになりました

私は勉強があまり好きではなかったので自分で進んでやることはなかったのですが、先生に教えてもらうようになってからはテストでいい点がとりたい!!まわりの人よりもできるようになりたい!!と思いたくさん勉強するようになりました。(中3女子 県立高校合格)

・細かいところまで見ていただき自信にもつながりました

先生のおかげで2年間の中で勉強法が少しずつわかってきたのか、良い点を取れた時のうれしさとかを表現して、積極的になったように思います。(中3保護者 県立高校合格)

 

お客様の声は他にも多数ありますので、こちらにも掲載しています。

これまでの指導実績(一例)

開業より5期連続100%合格を達成。

●高校受験生
神奈川県 県立高校合格 11名
その他 3名

●大学受験生
一般推薦にて薬学部合格
一般受験にて薬学部合格

●その他
家出、両親反抗、私立中学を中途退学した女子の公立高校受験合格
知的障害のある男子高校生を四年制大学に合格
LDのある男子中学生を私立高校に合格
中学校不登校から公立高校合格
高校卒業程度認定試験(旧大検)一発合格
全寮制私立中学への編入試験合格
ADHDで数学1の女子を私立中学へ
双子の同時指導

 

家庭教師指導をご希望の方は、こちらをご覧ください。

著書

本も書いています

家庭教師として活動させていただいて、ありがたいことにたくさんのご依頼を頂きまして、勉強嫌いで悩む方が多いこと、そしてそのお悩みが深いことを実感しました。

 

少しでもお力になればと思ってはいますが、どうしても受け持てる人数に限界があることを心苦しく思っています。

 

そこで、本ブログで勉強嫌い克服方法を発信したり、書籍の出版や講演活動を積極的に行っております。

執筆依頼等もお気軽にお寄せください。

 

著書

【紙書籍】

部下も気づいていない「やる気」と「能力」を引き出す 教え方(明日香出版社)

【電子書籍】

うちの子なんとかなりませんか?勉強嫌いを克服して30点上げる7つの方法

「結果を出す人」だけが知っている勉強のヒント!思考の個性で勉強しよう!

 

どんな人にもピン!とくる教え方のコツ

 

どんなときでもバッチリ伝わる!説明力が上がるコツ

 

執筆実績

慶應義塾大学出版会 教育と医学 2015年 7月号 [雑誌]第二特集「勉強ぎらいの子どもの声と支援策」掲載

・子育てQ&Aサイト パピマミ にてコラム連載 コラム一覧はこちら

・教育系メディア SHINGA FARMにてコラム掲載

出演実績

●ラジオ

2017年4月~たんなんFM「きらっとすまいる」第1週・第2週 「梶川博士の受験相談」

 

●新聞

2016年1月16日付 日経新聞プラスワン

 

●Webメディア

2014年5月12日付 bizpow 「勉強嫌いの子ども」を成績アップさせる女性プロ家庭教師が語る独立ノウハウ

2016年8月3日付 教えて!goo 「夏の受験勉強、点数を目標設定にするのはNGだった!?その理由を専門家が解説」

2016年8月2日付 教えて!goo「ご褒美は小出しに……夏休み序盤に宿題をやらせる方法」

2017年1月29日付 @dime 本番直前に受験生のやる気を上げる3つのコツ

2018年5月14日付 キキゴタエ 勉強嫌い専門プロ家庭教師が伝える「教える秘訣」とは?

2018年6月10日付 LIMIA 家庭教師は見た! 子どもの成績を伸ばす家とそうでない家の違い

 

講演実績

2015年3月 みらいこ塾キックオフイベント 「未来の自分を見に行こう!」

2015年6月 株式会社アンテレクト様

2015年6月 スターティアラボ株式会社様 「あなたにあった勉強法」講演会

2015年9月 ごきげんビジネス出版様 電子書籍出版セミナーにて「電子書籍 成功者の体験」講演

2015年11月 横浜市立宮谷小学校PTA講演

 

監修実績

2018年10月 花王株式会社様スペシャルコンテンツ 「後回しチェッカー」監修

 

略歴

1987年 神奈川県大和市に生まれる
2003年 大和市立引地台中学校卒業
2006年 神奈川県立相模大野高等学校卒業
2010年 神奈川大学経営学部 国際経営学科 卒業
2010年 KCCSマネジメントコンサルティング株式会社入社 事業戦略室 広報宣伝課に配属
2012年 家庭教師としての活動を開始
2013年 家庭教師のさくら 開業

 

運営メディア

【ブログ】
http://ameblo.jp/kawasaki9184/

【メールマガジン】
http://mail.os7.biz/m/RHTS

 

Facebook 佐々木恵

 

★友達申請に関して
「友達リクエスト」を歓迎します。
ただし、リアルでお会いしたことのない方は、「メッセージ」付きのリクエストをお願いします。

 

 

家庭教師依頼や執筆依頼のお問い合わせはこちら