机が狭い!本がめくれる!そのイライラ、ブックスタンドで解決できる

数検勉強中の佐々木です。こんにちは。

しかし、私はいま、イライラしています。

「机が狭くて勉強できない」

「教科書がめくれてイライラする」

私はいま数学検定とアロマテラピー検定の勉強をしているのですが、教科書のサイズが大きくて分厚い&机が狭いので勉強が結構面倒くさい。

「勉強したくない子どもの言い訳かよ!?」と思うかもしれないですが、本当の話です。
勉強しようと思っても机がごちゃごちゃしていて、掃除から始めなければならずストレスだったり。テキストを手で抑えながら勉強するの、まあまあ面倒くさい。どうにかならないの!?

あれこれ考え、検証を続けた結果…

ついにいい解決方法を見つけてしまったんですよ。

それは、ブックスタンドを使って勉強すること

これです。

ブックスタンドに教科書や問題集を立てて勉強すると、ものすごくはかどる!!とにかくストレスフリー!!

はあ?と思ったあなた。ちょっと騙されたと思って読んでみてください。

省スペース

私のお部屋は、デスクが小さいので、テキストを置いて勉強しようとすると、結構狭いんです。

狭いところでの収納のポイントは「置く」ではなく「立てる」ことだと何かの本に書いてありました(何の本かは忘れてしまいましたごめんなさい)。立てればスペースが少なくて済みます。

置くとこうなります。狭い。

スタンドだと、

立てるとこうなります。

立ててみると、置くときよりも場所を取らないし、立っているからテキストが見やすい。
問題集が見やすいから勉強がしやすい!問題が解ける!なんだかいつもより解ける気がする…!?

それは気のせいかもしれませんね。でも、ちょっと勉強しやすくなるのは事実です。

 

めくれることがない

少々分厚いテキストや参考書だと、開いてもすぐ閉じちゃう。

本はきれいに読みたい。折り目をつけたくない。

 

教科書が分厚いと、手でおさえたり、筆箱とかを重しにして、のせてめくれないようにして…

 

こんな感じになりがちではないですか?
でもこれ、結構うざったいですよね。

手でおさえると左手が不自由だし。
筆箱でおさえると筆箱がずれたらめくれてしまうし、下手したら本の反動で筆箱が吹っ飛ぶかもしれないし…。危険です。ハイリスクです。

で、スタンドを使うと、

見やすいです。とても。

左手を酷使しなくていいし、筆箱が吹っ飛ぶこともありません。ストレスなく勉強に取り組めます。

 

仕事や書評にも使える

仕事の時は手帳を立てかけています。こうすると次に何をすればいいのかがひと目で分かるので重宝します。

それと、すごく便利なのは、本を参照しながら何かを書くとき

たとえば、ブログで書評を書くときなど、本を開いて何かを書くときって、皆さんどうしてますか?

どうやって本をおさえていますか?私はよくこうやって書いているのですが、まあ不便。そこで、本をこうやって立てかけてあげると、すごく書きやすい。

書評ブロガーの方にもおすすめです。

 

オススメのスタンド

私が使っているのはこちらのスタンド。

あれこれ悩んで、色々使ってみた結果、このスタンドに落ち着きました。

おすすめポイントはこちら。

カラーバリエーション

私が使っているのはブラックですが、他にも色があります。

お部屋の雰囲気に合わせて選べますね。

 

使わないときは畳める

スタンドって、奥行きがあるので、使わない時にかさばるんですよね‥。結構邪魔だったりします。

しかし、私が使っているスタンドは、折りたたむとこうなります。

ぺったんこ。ほぼ平らです。
狭いお部屋でも場所を取らないし、簡単にしまえる。狭い部屋でもありがたい機能です。

その気になれば持ち運びもできますね。

 

安い!

Amazonで864円。安い。
この金額なら失敗しても悔いはないかな?と思い、Amazonプライムで注文しました。

大正解。いい買い物でしたね。

 

まとめ

ブックスタンドを使うと、勉強も仕事もはかどりそうです。なんで今まで気が付かなかったんだろう…。

試験前に、教科書を左手でおさえながら右手でガリガリ書いていた私に教えてあげたいです。

・勉強中に、教科書がめくれてイライラする方、

・机が狭くて勉強どころじゃないと思っている方、

・本の置き場に困っている方、

ぜひ使ってみてください。快適ですよ~。

 

 

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。