宿題をしない子ども…親は何を言えばいいの?

勉強嫌い・苦手克服

こんにちは。佐々木です。

お母様から、「子どもが宿題をしない」件でご相談をいただきました。

子どもが宿題をしません。

あまりにもやらないので怒鳴ってしまったら、「宿題なんてやっても意味ないし!」と言われてしまいました。どうしたらいいんでしょう?

 

宿題…そりゃあ、やらなくていいなら、やりたくないですよね。ええ。

でも、宿題は本当に大事。宿題や提出物の提出状況で、成績が変わることだってザラです。ちゃんとやれば評価され、そうでなければ評価が下がる…。

 

大人は宿題をしないとどうなるか、何が起こるのか感覚でわかっているので、「宿題しなさーい!!!」と言いたくなります。

それなのに、子どもが聞き入れないときはどうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

共感する

宿題をしない子どもにイライラする気持ち、めちゃくちゃわかりますよ!わたしも毎日のように悩まされています。

宿題をさせたいときは、まず「こんなに難しいことをやってるの、大変だね」とお子さんをねぎらってみてください。

まず共感することで、敵対心を弱めることができます。

 

だいたい親子が宿題の話をするときって、

 

宿題やったの!?

これからやるし!!

 

今すぐやりなさい!!!

うるさいなあもう!!!
(勢いよくドアを閉める)

 

みたいにけんか腰になりがちじゃないですか。

そこで、まずは

頑張ってるのね

宿題、すごい量ね…

難しいことをやっているんだね…

みたいにねぎらってみてください。これをすると子どもも話を聞き入れやすくなります。

 

「そうなんだよ、量が多くて」と困っていることを吐露することもあります。

宿題の意味を本気で語る。

宿題をきちんとやってほしいなら、宿題の意味を言って聞かせましょ!

シンプルですが、とても効果のある方法です。

 

宿題をなかなかしない子には、データを見せつつ

復習しないと忘れちゃうんだぞ!(宿題をしないデメリット)

書いたほうが覚えるからね!(宿題をするメリット)

と、宿題をしないデメリット、宿題をするメリットを話します。

 

人間のモチベーションは「いいことに近づきたい」と「悪いことを避けたい」大きく言うとこの2つだけです。

デメリットに反応して「それはやばい!やらなきゃ」となる人、

メリットに反応して「それは嬉しい!やりたい!」となる人がいます。

人によって、状況によってどちらを優先するかが変わるので、両方話すのがいいですね。そして反応を見ましょう。

 

中学生くらいになると結構大人なので、「意味のない(ような気がする)こと」は、やりたがりません。

 

だから、あえて理詰めで、証拠を出しながら話をします。

 

 

うちの生徒さんにも宿題を出すのですが、宿題を出しても頑なに「やらない」生徒さんが時々います。

 

 

彼らに、

「わたしが宿題を出すのはこういう理由だよ」

「復習しないと50%半分以上忘れちゃうの。せっかく勉強したのにそれは悲しいし、あなたの時間がもったいないから。だから復習してほしいの。」

「あなたは理解力があるよね。一回言えば理解できる。だから、それを定着させたら最強じゃない?定着させるために書くんだよ。だから宿題で書いてほしいの」

 

そう話すと、わかってくれることが多いです。

 

ちなみに、宿題をする意味についてはこちらにまとめました。

▼ 宿題、なんでやらないといけないの?宿題の意味と目的について考えてみた

https://www.katekyo-sakura.com/studying/homework/

絶対にやってはいけないこと

そして、絶対にやってはいけないこともあります。

それは、お子さんと一緒になって「こんな宿題、やる意味ない!」みたいに言うことです。

親御さんが「こんなの将来使わない」的な発言をしていたり、そういう態度でいると「宿題なんて将来必要ないんだ」「じゃあ、やらなくていいんだ!」という思考になります。

特に夏休みの読書して感想を書くアレ(あえて正式名称を伏せてみました)についてはよく批判が出ますよね。大人が一緒になって批判したら「そうか、これはおとなになっても使わないんだな」と子どもが思ってしまうので、「宿題意味ない説」を強めてしまいます。

これは共感とは違うんです!

 

宿題をしてほしいなら、その大変さをねぎらいつつ、「宿題は絶対必要なこと」というスタンスは崩さないでください!

 

そうでないと「親が必要ないって言ってたし」と、宿題やらなくていい言い訳を与えてしまいます。

 

謎な宿題でも「先生はこうしてほしいんじゃない?」「先生はこんな目的で宿題を出したんじゃないかな」みたいなことを言ってあげられるといいですね。

 

子どもが宿題をしないときの対策 まとめ

  • 共感をしめすと、話を聞き入れやすくなる
  • 宿題が必要な理由を、理論的に語る
  • 間違っても「そんな宿題、意味ない」みたいな態度を取らない

 

これらのことに気をつけてみてください。

今までかたくなに宿題をしなかった子たちが、これでほぼ全員、宿題をやるようになりました。

楽な方法ではありませんが、効果はあります。

 

 

https://www.katekyo-sakura.com/studying/homework/

 

[無料]勉強法の教科書

中学生向けの勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。総ページ100ページ以上のガイドブックです。
「勉強のやり方がわからない」
「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。

勉強嫌い・苦手克服
スポンサーリンク
スポンサーリンク

都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。
「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこと。
おかげさまで歴6年、合格率は97%超。著書5冊。取材・寄稿多数。●詳しいプロフィールはこちら

佐々木 恵をフォローする
勉強やる気ナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました