勉強しない子どもに効く声掛けのポイント「勉強しなさい!」よりも効く言葉8選

勉強しなさい,代わる言葉 指導法

こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。
訪問先のお母様お父様からよくこんなお声をいただきます。

子どもが全然勉強しないんです。勉強しなさいと言ってもけんかになるから放っておいてみたけれど、やっぱり勉強しなくて…。何かいい声かけはありませんか?

 

子どもが全然勉強しない!これは困った悩みですよね。
特にお子さんが反抗期だと、「勉強しなさい!」と言えば、「うるさいな!今やるつもりだったのに!」と返されケンカになったりします。これではお互い嫌になっちゃうのも無理はありません。。
ですが、子どもが反抗するのにもきちんと理由がありまして、ツボをしっかり押さえた上で声をかければ、ケンカも減りますし、少しずつお子さんが勉強に向かうようになります。そこで今回は、「勉強しなさい!」が効かない理由と、もっと効果のある言葉を8つご紹介します。

スポンサーリンク

「勉強しなさい」が効かない理由

中学生くらいのお子さんをお持ちの方は、「勉強しなさい!」という言葉で子どもが勉強しなかった経験を一度や二度、いやもっとあるかもしれません。この言葉はどうしても効果が薄いですし、下手をするとケンカになることもあります。それはなぜなのでしょうか?

反抗期

中学生くらいになると反抗期ですし、親の言うことには何でも反発したいものです。まあそれも親離れのための大切なステップではあるのですが、だからと言って勉強しないのは困りものです・・・。

心理的リアクタンス

しかも、心理的リアクタンスといって、「やれ」と言われるとやる気が失せるという心理法則があります。リアクタンスとは「抵抗」。命令されると抵抗、反発したくなるものです。多感な中学生なら、なおのこと。
だから「勉強しなさい」と言われるとやる気をなくしてしまうんですね…。

勉強しない子どもに効く声かけ

そこで、勉強しない子どもには「勉強しなさい」ではなくて、こう伝えてみてください。

勉強しない子どもに効く声かけ①「どちらにする?」

「勉強しなさい」では反発するなら、同じようなことを別の言い回しで言う必要がありますよね。そこで有効なのが心理学的の「選択話法」というテクニックです。選択肢を用意して、それを選ばせる方法ですね。例えば、

「今日は国語をやる?それとも数学?」
「宿題はいつやる?夕食前?それとも夕食後?」

人間とは面白いもので、疑問を投げ掛けられるとその答えを探すようにできています。「国語か数学か」と聞かれたら「じゃあ数学」と言うしかないんですよ。「しない」という選択肢は最初からありません。用意してはいけません。「勉強しなさい」と言えば「する・しない」の二択になるので、「しない」と言ってしまうんですね。

しかも、この方法のミソは「選んでもらう」こと。これも心理学ですが、人間には一貫性の法則というものがあって、自分の発言に一貫性を保ちたい心理が働くんです。「数学をやる」と自分で言ってしまったら、一貫性を保つために「やらないといけない」。自分の言葉に責任を持たないといけない気持ちになるんです。
さらに、命令されたからやるのではなく、「自分で決めてやる」ので、子どもの自尊心を保つこともできます。人に何かをしてもらいたい時は、「する・しない」ではなく「どちらにする?」と質問するのが基本です。

これは家事をしない夫にも有効な方法で、「お皿洗ってよ!」ではなく「お皿洗いと洗濯物干すのとどっちがいい?」と聞けばお皿洗いをやってもらえる確率が上がります。

勉強しない子どもに聞く声かけ②「ドリルの○ページ」

人間は、ざっくりとした言葉で「やれ」と言われてもやれないものです。

例えば、ご主人に「掃除しなよ」とか「片付けてよ」とか言われても、何をやればいいかわからないじゃないですか。玄関をきれいにしてほしいのか、台所が汚いよと指摘しているのか。こういう言い方をする潔癖夫って腹立ちますよね。

でも、「流しにゴミが溜まっていたから掃除しておいてくれない?俺はその間にお風呂洗うから」と言われれば、あ〜流しね掃除しなきゃな・・と思いませんか。

このように、人に何かをしてもらいたい時は、具体的に言葉をかけるのがコツです。人間って自分で考えないといけないことを「面倒くさい」と思う習性があるんです。「勉強しなさい」だと、「何を勉強するか」自分で考えて準備しないといけないですよね。これって結構面倒です。

だから、「漢字ドリルの宿題はできた?」とか「数学の方程式が難しいって言ってたけど大丈夫だった?」とか、それでもダメならもっと具体的に「英語ドリルの10ページをやろう」と言ってあげれば意外と動き出してくれます。

子どもが動き出さないのはあなたの問題ではなく、具体性の問題です。言葉がざっくりしているせいなので、具体的に数字を入れて伝えてあげてください。面倒くさがりのお子さんも動き出しやすいはずですよ。

▽参考記事 宿題をなかなかやらない子どもを動かすコツ

勉強しない子どもに効く声かけ③「5分だけ」

勉強の何が一番大変って、始める時が一番大変です。「面倒くさい」と戦って、打ち勝って勉強を始めないといけないので…。

そこで、楽に勉強を始めるためには障害をできるだけ小さくすることがポイントなんです。だから勉強をさせようと思うなら「1時間勉強しなさい」と言ってはダメで、「5分でいいからやろう」と言ったほうが楽に始められます。

たった5分では何も変わらない!という意見もありますが、この言葉の目的は「とりあえず始める」ことにあります。

始めてしまえば、結構波に乗って始められてしまうので、最初の面倒な気持ちを取り除き、最初のステップを踏み出してもらうことが最大のポイントです。

これは勉強だけでなく、家事にも言えることで、お皿洗いって面倒じゃないですか。シンクにたまったお皿を見ただけでゲンナリしますよね…。そこで「仕方ない、1枚だけ洗ってやるか」と決めて1枚だけ洗ってみてください。そうすると、気持ちが乗ってきて2枚、3枚…と洗うことができちゃいます。

これと同じで、「とりあえず5分」とか「今日はプリント1枚」というように、すぐに取り組めそうな課題を提示してあげると始めやすいです。

参考記事 世界一簡単に勉強を始められる「5分」勉強法

勉強しない子どもに効く声かけ④「よーいドン」

これは私もしょっちゅう使う手です。家庭教師先で生徒さんが勉強しないでダラダラしている時は、タイマーを取り出して、

「はい、このプリントやってね。5分ね。よーいドン」

と言ってタイマーを発動し、お子さんの目の前に置いてやりましょう。

不思議なもので、それまで「絶対に勉強してやるものか」みたいな顔をしていた子も、タイマーをスタートさせるとなぜか勉強に向かいます。

先ほどの「具体的に指示をする」という方法との合わせ技ですが、目の前に課題を提示して、さらにスタートボタンまで押してしまえば、これはもうやらざるを得ません。

自分では全然勉強しない子には、「毎日20時は勉強タイム」と決めて、20時になったらすぐに問題集を手渡して「はいスタート」と強制的に勉強開始してしまうのも一手です。それを根気よく続けて習慣化すれば大きく変わるでしょう。

勉強しない子どもに効く声かけ⑤「一緒に勉強しよう」

それでも勉強しない子どもに対してはこれです。

勉強ってやっぱり大変なんです。勉強がすでに得意な子でも、勉強はつらい時があるくらい、勉強は大変。

特に、勉強をなかなかやらない子どもは、勉強しようにも何から始めたらいいかわからなかったりもします。きっかけがつかめないのです。

そういう時にどういう言葉が必要かというと、上から命令するでもなく、下からお願いするでもなく、対等な目線での言葉です。

もしあなたの友人が、勉強で悩んでいたら、どうしますか?

一緒に勉強しようと声をかけますよね?

それと同じ感覚です。

子どもと友人は違うという異論はあると思います。でも、本当に勉強してほしいなら、そういう対等な立場で接してあげると全然違いますよ。

勉強しない子どもに効く声かけ⑥「やらなくていいよ」

ここからは少々ハードモードです。

ここまで言ってあげても勉強しないなら、かなり辛口で言ってあげないといけません。ここまでしても勉強しないんだったらもう相当危険です。その子の将来に関わりますから。甘ったるいことはもう言ってられません。

勉強しない子には「やらなくていいよ」と言って突き放しましょう。「勉強しなさい」と言うから、反発します。やりたくないと思うのです。

それならば、あえて「しなくていい」と言ってやりましょう。

そんなことを言ったら余計にやらなくなりませんか?

今まで、散々「勉強しなさい」と言われている子どもは、ある意味「やれ」と言われるのが心地よかったり、言われるのをを待っていたりもします。もはやそれがコミュニケーションと化しているところがあるんですよ。

自分から自発的にやるのは、とても苦しいものです。言われてからやるほうが、心理的にはラクなもの。

ご安心ください。勉強しない子どもでも、勉強の必要性はわかっています。いつかやらないといけない・・・とは心のどこかでわかっています。

でも、できない。まあ人間なんてそんなものでしょう。

ただし、勉強しなかったときに起きる「よくないこと」の責任は自分で取ることも伝えてあげてください。

例えば成績が下がるとか、補習に引っかかって休日に学校に行かないといけなくなるとか、部活ができなくなるとか、進級できなくなるとか。

それでもいいならそのままでいればいいし、それが嫌なら自分で始める。

いきなり突き放されると、子どもは考えざるをえません。

勉強しない子どもに効く声かけ⑦「自分で決めたらいい」

勉強するしないは自分で決めるように、「自分で決めたらいい」と言ってさらに突き放します。

こう言われたら、もう自分で考えるしかありません。

「勉強しなさい」と言われている子どもは、ある意味、大人に甘えています。

中学生くらいなら、物事の善悪は自分で決めることができます。

「やりたくないから勉強しない」
「もう自分は勉強しない」

みたいなわがままを通そうとする人なんて、ほとんどいません。

つまり、勉強について考えて、何かしらの結論を出します。

もう、こう言われたら嫌でも、将来のことについて、自分の成績のことについて考えざるを得ません。

勉強しない子どもに効く声かけ⑧「頑張ってるね」

子どもが、勉強せずにダラダラ自室にこもっていたら、お茶菓子を持って「頑張ってるね」と差し入れましょう。

子どもが部屋にこもっていたら、何をしているのか気になりますよね。

自室に乗り込んで、「勉強しなさい!」なんて言おうものなら「今しようと思っていたのに!」と返されるのが目に見えています。

そういう時は、「頑張っているね」と言いながら、ココアでも出してあげて下さい。

飲み物はココアがベストです。お茶ではなくココアです。たくさんのご家庭にお伺いしていますが、男女ともに、皆ココアが大好きなのです。

そう言われたら、今勉強していなかったとしても、勉強をやるしかありません。

あるいは、「今日はどのくらいできた?」でもOK。

「すでに勉強している」前提で話し、ごほうびを先に与えてしまうことがポイント。

こう言われたら、逃げられませんん。

(ただし、責任感の強い子、プレッシャーに弱い子には強すぎる言葉なのでお気をつけ下さい。まあそういう子ならとっくに勉強の必要性に気付いて勉強しているはずですが)

勉強しない子どもに効く声掛け まとめ

勉強しない子どもに効く声かけを紹介させていただきました。使えそうなものがあればぜひ使い回して、お子さんに働きかけてみてください。

勉強のことでイライラ過ごしたり、毎日けんかするのはしんどいことですよね。私がこの仕事を始めたばかりの頃はイライラモヤモヤの連続でした。でも、言葉を変えて生徒さんとの関係性も改善し、勉強に向かってくれるようになりました。

本当に勉強しない子どもには、この言葉をうまく使って、自分で考えられるように
背中を押してあげましょう^^

以上、佐々木(@kateikyo_megumi)でした!

あなたの教え方をバージョンアップする!

「こんなとき、どう教えたらいいんだろう?」
その教え方のお悩みに一つひとつ丁寧に答えます。

「教え方」は一見難しそうですが、コツは存在します。

教え方をバージョンアップして、次のステージに進みたい人は要チェック!

指導法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。
「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこと。
おかげさまで歴6年、合格率は97%超。著書5冊。取材・寄稿多数。●詳しいプロフィールはこちら
現在、オンライン指導も行なっております。

佐々木 恵をフォローする
勉強やる気ナビ
タイトルとURLをコピーしました