横浜・川崎 勉強嫌い専門プロ家庭教師 佐々木恵

勉強嫌い克服!自分から勉強する子になる型破りな作戦

 
この記事を書いている人 - WRITER -
5期連続100%合格を達成し、「落ちない家庭教師」の異名を持つプロ家庭教師。 勉強のやる気アップ、勉強嫌いの克服を得意としています。
詳細プロフィール
●家庭教師の依頼はこちら

昨日の記事何が違う?自分から勉強する子と勉強嫌いな子を読んでくださった方、自己イメージの重要性をご理解いただいた方は、こう思ったはずです。
「自分から勉強する子にするためには、自己イメージが重要ということはわかった。では、それを上げるためにはどうすればいいの?」と。

何を言っても勉強しない子どもが、自分から勉強するようになったら…とても楽ですし、親としてはこれほどありがたいことはないですよね。

今日はその方法をお教えします。

自己イメージアップのポイントは、成功体験

そのための方法とは、ズバリ「良い点数を取ること!」専門用語でいうところの、成功体験です。

いくつかある科目のうちの一つでいい。一つでいいから、成績を大幅に上げましょう。

子どもの勉強嫌いを解決するにあたって、「すべての教科・科目での得点アップを!」と依頼して下さる親御さんがたくさんいます。

お気持ちは、よくわかります。心配ですものね。

しかし、おすすめしたいのは、「まず1科目」で大きな成果をあげることです。

5科目すべてを学習するのは、自ら勉強しない子どもにとっては、ハードルが高すぎます。

5教科で6点ずつ、計30点上がったとしても、各科目の上昇が少なく、インパクトがありません。

努力もむなしく中途半端な結果に終われば、「頑張ってもダメだ!」とさらに自己イメージを下げ、勉強を避けるようになってしまうかもしれません。
努力してもできないとわかると、人はそれを避けようとする心理が働きます。
1教科で30点上がったほうが、インパクトが大きく、本人も嬉しいでしょう。

周りの友人や教師も驚いて、「今回はよく頑張ったな!」と声を掛けてくれるかもしれません(これを脚光体験といいます)。5教科6点ずつでは、同じ30点でもこのような効果は期待できません。

まずは1教科1科目でもいいから成果を出すことで、「自分はできるんだ!」という有能感を育てることに繋がります。まずは、「自分はできる」という気持ちをもたせ、種を植え育てましょう。

これが「自己イメージの向上」につながります!

ちなみに、みんな大好き”テレビゲーム”や“スマホゲーム”は、成功体験の演出が巧みです。ゲームを始めると、基本効果の説明があり、その後練習があるのですが、そのとおりにやると、スッキリと敵を倒すことができて、たくさんアイテムが貰えます。だから、あんなにもハマってしまうのですね。

この原理を応用しましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
5期連続100%合格を達成し、「落ちない家庭教師」の異名を持つプロ家庭教師。 勉強のやる気アップ、勉強嫌いの克服を得意としています。
詳細プロフィール
●家庭教師の依頼はこちら

Copyright© 勉強やる気ナビ , 2015 All Rights Reserved.