何が違う?自分から勉強する子と勉強嫌いな子

これまで沢山の子を見てきましたが、勉強しない子、自分から勉強する子、自分から勉強するようになった子には、ある共通点がありました。

自ら勉強する子と、
親が言ってようやくやる子、
あるいは勉強しない子…

いったい何が違うのでしょうか?

多くの親御さんは、お子さんに対して
「平均並みでいいから、せめて自分から勉強してほしい」

と願っているのではないでしょうか。

では、どうすれば自分から勉強するようになるのか…

勉強する子どもは自己イメージが高い

その答えは、「自己イメージ」にあります。

自己イメージとは、
「自分はこうである」という自分に対するイメージのことです。

自ら勉強する子は、自己イメージを高く持っていて、勉強しない子は自己イメージが低い傾向にあります。

いつもテストで3割程度の子は、「自分は3割」という自己イメージが定着しているので、勉強しません。

勉強してもしなくても3割程度ですし、それ以上取ろうと思っていない、というか思えないのですよね。

安定して8割を取る子は、「自分は8割」という自己イメージがあります。

自己イメージが及ぼす影響

8割は何もしないで取れる点数ではありません。だから8割を取るために、一生懸命勉強します。

これは断言できます。

子どもは、一度いい成績を出すと、その優越感や達成感がクセになり、
得点を落とさないよう、一生懸命勉強をするようになります。

万が一、8割以下の点数をとってしまうと、ものすごいショックを受け、必死で取り返そうとします。

自分は「8割」と思っている人にとって、6割、7割の結果はプライドが許しません。

「8割取れる私」のイメージが崩れるということは、自分が自分ではなくなることを意味します。

私の生徒も、例外なく、一度80点を取った子は、それを維持するために必死に勉強するようになりました。

30点だった頃とは別人のようです。
30点の頃は、何を言っても動かなかったのに。

つまり、
お子さんに自分から勉強してほしいと思うなら、「自己イメージ」を上げるのがもっとも確実です。

そうすれば、お子さんはバリバリと勉強します。
「勉強しないで!それより家のことを手伝って」と言ったって、勉強します。

ある意味、中毒的かもしれません。
そのくらい効果的です。

勉強する子どもにするためには、まずは自己イメージを上げる。

ぜひ覚えておいてください。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。