横浜・川崎 勉強嫌い専門プロ家庭教師 佐々木恵

「どうせできない」自己否定と自虐を繰り返す人の心理って?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
5期連続100%合格を達成し、「落ちない家庭教師」の異名を持つプロ家庭教師。 勉強のやる気アップ、勉強嫌いの克服を得意としています。
詳細プロフィール
●家庭教師の依頼はこちら

こんにちは。
勉強苦手・勉強嫌い解消専門
教育コンサルタント 佐々木です。

勉強嫌いな子を指導していると、
時々、こんな子がいます。

「どうせできない」
「こんなの無理です」

と、自己否定を繰り返す人です。

 

自信の無さから出てくる言葉なのですが、
なぜその言葉が出てくるのでしょうか?

私が思う理由は、自己防衛です。

フロイトは、人間の心には防衛機制があると考えました。
(フロイトの娘がそれを完成させました)

 

人間の体は、危機的状況があると
その状況を無意識に避けようとします。

例えば、モノが落ちてきたら
とっさに避けたり、目を閉じたりします。

体だけでなく、心も、危機的状況に置かれると
防衛しようという本能が働くのです。

「どうせ無理!」と言うのも、
心を守るために言っているのですね。

何から守っているかというと、

 

「叱られること」

「けなされること」

「できない人だと思われること」

 

これらが主な「守りたいもの」のように思います。

叱られると危険を感じるから守ろうとしていたり、
プライドを傷つけられることから守ろうとしていたり。

他人から「ダメだね」と言われる前に、
自分から「私はダメ」と言ってしまえば、
怒られません。

それどころか、同情してもらったり、
笑いが生まれたり、
「そんなことないよー、だってあなたは…」と褒めてもらえたり。

危険から逃れられて、いい思いまでできるなら一石二鳥ですよね。

自虐がクセになってしまうのは、おそらくそのためでしょう。

 

お子さんが自虐を繰り返しているならば、

・そのことに対して自信がない

・できればあまりふれないでほしい

 

そういうサインのように思います。

だから、叱ったり怒鳴ったりしてやる気を引き出そうとするのは逆効果。
よけいに殻にこもってしまうかもしれません。

まずは、簡単なことから初めて、
階段を1つずつ、登れるように支援する。

「できるかも」という気持ちを育ててあげることから始めましょう。

私自身も、時々
「いやーむりだってー」
と言いたくなる時があります。

(大人になって、過度の自虐が人を不快にすることを学んでからは、控えるようにしています)

そういうときは決まって自信がない時です。
予防線を張りたくなるんですよね(T_T)

自信があるとき、
余裕でできそうだという時には、「無理だよ」なんて言いません。

自虐が働くということは、
自分の弱さを守っている証拠です。

しかし、これは本人が気付いて、直そうと思わない限り、治りません。

他人の自虐を、無理に矯正しようと思わないほうがいいです。

それよりも、
受け入れつつ、不安を和らげるアプローチが効果的です。

もし、お子さんに自信が足りない、
無理無理!と言ってやろうとしない時は、
お子さんを励ましてあげて下さい。

やり方がわからない方は、
遠慮無く、ご相談くださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -
5期連続100%合格を達成し、「落ちない家庭教師」の異名を持つプロ家庭教師。 勉強のやる気アップ、勉強嫌いの克服を得意としています。
詳細プロフィール
●家庭教師の依頼はこちら

Copyright© 勉強やる気ナビ , 2015 All Rights Reserved.