効果絶大!子どもに勉強させるとっておきの方法を教えます。

勉強嫌い・苦手克服

こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。

訪問先のお母様からこんな相談を受けました。

 

子どもが全然勉強しません。

もっと勉強してほしいのですが、どうしたらいいですか?

とにかく勉強したがらないので、学校の成績は下がる一方。

少しでも意欲的に勉強してもらいたくて「勉強しなさい」と言うのですが、言えば言うほど喧嘩になるそうで…。

 

これについては・・・すごく難しいのですが・・・

 

実は、いい方法があります。

 

 

とても効果的な方法ではあるのですが、実行は結構難しい方法かもしれません。

 

何でもやります!という方のみ、この先をご覧ください。

 

いいですか?

 

 

準備はいいですか?(無駄にひっぱる)

 

 

 

それについて、私の回答はこうです。

 

スポンサーリンク

子どもに勉強させる方法

子どもに勉強させる方法

子どもに勉強させる方法は…

子どもに勉強させる方法はズバリ、予告です。

「〇日の〇時に一緒に勉強しよう」

と予告すること。

「○日○時に勉強しなさい」ではありません。

 

「一緒に勉強しよう」と言うのがミソです。

 

もちろんですが、勉強時間中は、親御さんも自分の勉強をしてください。

 

その際にお子さんに勉强についてアドバイスしたり、教えたり、姿勢が悪いとかツッコミを入れてはいけません。

 

親御さんが集中している姿を見せることが大切です!!

 

例えば、曜日と時間を決めて、その日は必ず一緒に勉強タイムとしてもいいですね。

 

何回も繰り返して慣れてきて、一人でも大丈夫だというタイミングで、手を離します。

 

勉強は面倒くさい?

勉強は面倒?

勉強は面倒?

「えっ勉強するの?嫌だな」と思いましたか?

 

「そこまでしなくていいかな」と思いましたか?

 

だから言ったじゃないですか!!!結構タイヘンな方法だって!!!(誰だ)

 

 

でも、多分お子さんも同じ気持ちですよ。

 

質問します。

 

「勉強するのはダルい」と思うなら、なぜそのダルい勉強をさせようとするのですか?

 

 

 

 

「やりなさい」では人は動いてくれません。

自分が「嫌だ」と思っていることをやらせるのは無理です。親子だとしても無理。

 

私も、この道それなりに長いので「どうやったら勉強してくれるの!?」「なんて言ったら勉強してくれるの!?」と試行錯誤に試行錯誤してきました。

 

そこで気づいたんですよ。

 

高圧的で一方的で強制的な人の言葉になんて、だれも耳を傾けません。

もちろん、私もそうです。「あれしろ」「これしろ」と偉そうに言ってくる人の言うことなんて聞きたくありません・・・。

 

反抗期の子どもは特にそうです。

 

「やれ」と言えば反発されて当然。

ではどうすればいいのか。

 

 

勉強してほしいのなら、「一緒にやろう」と言ってあげるしかないのです。

 

人を動かすのは言葉ではない

言葉よりも行動

言葉よりも行動

そして、本当に勉強を「一緒にやる」ことが重要です。

 

「教える」と「一緒にやる」こととは違います。

 

学ぶ内容は違うことでいいので、同じ机にイスを並べて、隣りに座って、同じ方向を向いて、同じ時間に、集中して勉強することが大切です。

 

私の生徒さんにも、勉強をしたがらずに延々と駄々をこねる子もいるのですが、うだうだ言っているのを片耳で聞きつつ、横で私がもくもくと何かを書き始めると、仕方がないという様子でペンを持ちます。

 

というか、その状況でペンを持たない子はいません。

その状況で、1人で何もしない…というわけにはいかないのです。

子どもを勉強させる方法 まとめ

子どもに勉強させたいと思うなら、「この時間に一緒に勉強しよう」と予告し、一緒に勉強することです。

 

そしてその約束を守って、一緒に集中して勉強する。

人を動かすのは言葉ではなく行動であり、一緒に何かを変えようとする姿勢です。

お子さんが勉強しないことで悩んでいる方は、ぜひ一度やってみてください。

以上、佐々木(@kateikyo_megumi)でした!

 

勉強しない子どもに効く声掛けのポイント「勉強しなさい!」よりも効く言葉8選
勉強しない子どもに「勉強しなさい」と声をかけてもうまくいきません。子どもを勉強に向かわせるためには、もっといい声掛けの方法があります。本記事では「勉強しなさい」が効果がない理由と、もっと効果のある言葉をご紹介しています。ぜひ実践してみてください!
タイトルとURLをコピーしました