横浜・川崎 勉強嫌い専門プロ家庭教師 佐々木恵

もうプリントをなくさない!整理整頓苦手な人におすすめのノート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。 理論を駆使した「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこととやる気が上がる方法を考えることです。 おかげさまで歴6年、合格率は97%超。勉強法を書き続けて気づけば著書5冊。取材・寄稿多数。
●家庭教師の依頼はこちら

こんにちは。佐々木です。

昨年、ある生徒さんの誕生日にプレゼントをあげたんですよ。

その生徒さんはよく学校のプリントをなくしてしまったり、大量のプリントをどう管理していいのかわからなかったりで大変だったみたいです。

そんな生徒さんにこれをプレゼントしたら

先生!プリントを紛失しなくなりました!!!これすごくいいです!!

生徒

 

と、喜びの声をいただきました。

私も嬉しいな!

 

その生徒さんにどんなプレゼントをしたかというと、こちら。

 

プリント収納ポケット付きのキャンパスノートです。

ノートに、プリントを入れるためのポケットがついています。

たとえば、これを英語のノートにして、英語関係のプリントをもらったら、すべてこのポケットに入れるようにします。

そうすれば、とりあえず英語のプリントはすべてここに入っていることになるので、試験前に「あれどこやったっけ?」と探す手間がだいぶ省けます。

 

ふつう、英語のプリントは英語の授業中に配られるはずですから、もらったらこのポケットに入れておけば失くさないですね。

 

つまり、教科ごとのノートをすべてこれにすれば、全教科のプリントがきちんとまとまって、ゴチャゴチャにならない!ということ。

 

これなら試験勉強もしやすいですし、プリントが消えた(?)とかいう謎現象にも遭わなくてすみます。

宿題のプリントがどこかに行ってしまって提出できない!ということもなさそう。

 

プリントをなくしがちな人は、

  • プリント管理のルールを徹底できていない(重症度1)
  • 一箇所にすべて投げ込んで忘れる(重症度2)
  • そもそもファイルに入れないのでカバンの中でぐちゃぐちゃ(重症度10)

そしてそのままどこかへ…

というパターンが多いですね。

こうならないために、「モノの定位置を決める」のが整理収納の鉄則です。

このノートなら、もらった教科のプリントはファイルに入れる!というシンプルなルールを徹底できそうです。なくしものは減りますね。

 

一冊400円とやや高いのですが、その効果は抜群です。一回買えばずっと使えます。中身のノートがなくなっても、普通のキャンパスノートを入れればOK。

 

こちらが4冊セット。

 

ノートと一体になっているのがすごくいいですね。もらったプリントをすぐにファイルに入れられますし、復習のときにも使いやすい。

宿題になっているプリントを一番上に入れておけば、提出期限もちゃんと守れそう。

 

プリントをなくしがち、試験前にプリントが迷子になる人、提出物を忘れがちな人にとてもおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -
都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。 理論を駆使した「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこととやる気が上がる方法を考えることです。 おかげさまで歴6年、合格率は97%超。勉強法を書き続けて気づけば著書5冊。取材・寄稿多数。
●家庭教師の依頼はこちら




Copyright© 勉強やる気ナビ , 2018 All Rights Reserved.