なぜ!?模擬試験になると点が取れない原因と対策

勉強嫌い克服 試験・テスト

こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。

そろそろ、模擬試験の季節です。受験生の方は、これから模擬試験が増えてくると思います。

模擬試験シーズンになると、こんなお悩みが聞こえてきます。

「普段の定期テストではできるのに、模試になると途端にできないんです・・・」

 

このお悩み、結構多いですね。

今日は、模試や総合問題ができない理由と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

模試になるとできない原因

定期テストとはどんな試験?

例えば、学校の定期テストだと、「方程式と関数」といった具合に、試験範囲が決まっていますよね。方程式と関数の勉強をしっかりしておけば、なんとかなるのです。

 

問題を見ても、「これは関数だ」とか、「この問題は方程式だ」とか、問題のパターンもすぐに読めるはず。

英語も同じで、定期テストでは「これは関係代名詞」とか、「これは不定詞」というのがすぐに分かるから、とりあえずwhoを入れればいいとか、toにすればいいとか、ぱっと判断がつくと思います。

つまり、パターンで理解しているということ。

このような問題解決の考え方の枠組みをスキーマといいます。

 

模試が難しい理由

一方、模試は「それまで習ったことすべて」が試験範囲になるので、問題のパターンがつかみにくいですよね。

模試などの試験範囲が広い試験では、「スキーマをたくさん持っている人が有利」なのは言うまでもありません。

 

模試が苦手な人は、問題をパッと見たときに、

・これは何の問題なのか

・何を聞かれているのか

・どのスキーマを使えばいいのか

このあたりがつかめない、あるいは掴むのに時間がかかっている可能性大。

 

総合問題や模擬試験になると解けない人は、問題解決の枠組みであるスキーマが見いだせずに混乱するのかもしれません。

 

たとえ話

野球に例えるなら、バッターボックスで、投手のボールを見極めるようなことです。

野球の試合では、飛んでくるボールが直球なのか変化球なのか、遅いのか速いのか、その辺を見極めながら、打つのか打たないのかを決めますよね?

 

全部のボールを打っていたら、すぐに三振します。フォアボールで出塁できたかもしれないのに!

 

模試や総合問題に弱い人は、一心不乱にバットを振りがちです。ボールが見えていないのです。

 

定期テストでは「直球」しか飛んでこないのですが、模試などでは「随分前に教えてもらった変化球」みたいなものまで飛び出してくるから大変です。

 

模試や総合問題では、たくさんのスキーマを使いこなさなければなりません。学校の試験ではできるのに、模試などではできない人は、スキーマの使い分けに時間がかかりすぎていたり、昔に獲得したスキーマを忘れてしまっていたり、あるいは考えずに「とりあえず」で問題にあたっているかもしれません。

見極める練習を

打てるようになるためには2つの能力を伸ばす必要があるんです。ボールを「見る」能力と「打つ」能力です。

 

おそらく、「模試になるとできない」ということは、裏返すと「範囲の決まったテストはできる」のだと思います。それはつまり、飛んできたボールを「打つ」能力はすでに高い証拠ですね。

 

ということは、様々な球種が来たときに、判断が遅れたり、打ち返せていないことが問題の根本になりそうです。

 

模試でできるようになるための練習法

パターンを「見抜く」練習

つまり、模試などが弱い人は、選球眼を鍛えるのがいい方法です。まずは冷静に、ボールを見る目を養いましょう。

 

そのためには、ボールを見る練習だけをすることです。打つ練習は、ボールを見る練習がある程度できるようになってから。

「見極め」と「打つ」の両方をいっぺんにしようとするから、わけがわからなくなるのですね。

だから、まずは問題の見極めだけをしてみてください。

 

よく、「全てを復習し直します」という方がいらっしゃいますが、問題と知識がリンクしていかなければ、無駄な努力になってしまいます。すべてを復習し直すなんて、時間がどれだけあっても足りないし…。

 

受験前の貴重な時間に、無駄なことはしたくないですよね。

勉強法

具体的にどうすればいいのかというと、模擬問題や試験型問題を用意して「問1は単純計算、問2は方程式、問3は図形・・・」のように、問題の種類を書き込んでみてください。

英語なら、「これは時制の問題」「これは不定詞の問題」と書き込むだけの練習をする。

あるいは、問題の聞かれている箇所、要点などに内容に線を引くなど、問題を解かずに、「パターンを見極める」だけの練習を何回かやってみてください。

 

解いてはいけません。判断するだけです。こうして、判断だけに特化した練習を行います。

これを繰り返していくと、「何を聞かれているのか」「何を答えればいいのか」がだんだんわかるようになり、判断のスピードが上がります!

 

この練習を、まずは繰り返してみてください。

まとめ!

  • 模試で点が取れないのは、問題のパターンの読みがニガテだから
  • 問題を「見る」ことと「解く」ことは別の能力と心得よう
  • 問題を「見る」ことに特化して練習してみよう

 

すべてを復習し直そうとするのは膨大な時間がかかるし、勉強が嫌になります。

だから、「どこが問題点なのか」を見極めて、そこに特化した練習が有効です。定期試験が強くて模擬試験に弱い人は、沢山の選択肢から見極めていくことだけが苦手なはずなので、問題と知識が結びつくようになれば、おのずとできるようになります。

自分の得意と苦手を上手に見極めましょう!

 

 

■関連記事

模擬試験になると緊張してうまくいかない!という方はこちらもどうぞ。

試験で緊張しない方法 緊張する理由がわかればテストは怖くない!

勉強しているのに!?点数が上がらない人が陥っている4つの落とし穴と対策法

毎日勉強しているのに成果が出ないときに考えたいこと

スポンサーリンク
スポンサーリンク
[無料]勉強法の教科書

中学生向けの勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。総ページ100ページ以上のガイドブックです。
「勉強のやり方がわからない」
「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。

試験・テスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク

都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。
「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこと。
おかげさまで歴6年、合格率は97%超。著書5冊。取材・寄稿多数。●詳しいプロフィールはこちら

佐々木 恵をフォローする
勉強やる気ナビ
タイトルとURLをコピーしました