成績が上がる!先生に褒められるノートの取り方・選び方

勉強法

こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。

 

今日は女子中学生からの質問です。

新学期なのでノートを新しくします。

せっかくなので、ノートのとり方を工夫して、もっと勉強がうまくできるようにしたいです!

ノート提出もあるので、できれば先生にほめられるノートにしたい!

いよいよ新学期ですね。
新入生の皆様、ご入学おめでとうございます。2年生、3年生になった皆様、進級おめでとうございます。

新学期になり、ノート等の文房具を新調し

今年度こそ、勉強を頑張るぞ!
成績を上げるぞ!

と、親子で意気込んでいる方も多いと思います。

最初が肝心ですよね^^

ノートを上手に取ると成績が上がるし、先生からの評価も上がりますよ!

そこで、今の時期だからこそぜひやってほしい、ノートの取り方をご紹介します。

スポンサーリンク

成績が上がる!ノートのとり方のコツ

ノートのとり方で成績は大きく変わります!

■絶対に用意したい色ペン

何よりも真っ先に用意したいのはオレンジ色のペンです。

ノートの大切なところは、赤ペンではなく、オレンジで書いておきましょう!

そうすれば、赤シートで消すことができるので、授業のノートが「マイ問題集」に早変わりです。

覚えるべきことを手軽にチェックできるので重宝しますよ。

これをやっておくことで、多くの女子中学生がやってしまいがちな「試験前にまとめノートをつくる」手間が省けます!

このワザは、暗記が多い理科と社会で効果を発揮します!(色によってはピンクでも代用可。薄めの色を選ぶのがポイントです!)

 

私のおすすめはコチラ。

 

 

フリクションスリムのオレンジです。

フリクションなら間違えても消せるし、細いから筆箱の中でかさばらないし、便利です!

■数学は二冊使い

特に女子にありがちなのですが、ノートを美しく書こうとするあまり、時間がかかりすぎてしまっている子が多いです。

特に数学では、ゆっくりきれいに書いていたら、計算が間に合いません。

でも、殴り書きも嫌!

そういう方は、数学のノートを「計算用」「まとめ用」に分けておきましょう。

教科書の要点等は「まとめ用」ノートに書き、ごちゃごちゃとした計算は計算用ノートに書く!

そうすれば、要点も見やすいし、計算も思い切りできますよ。

 

数学の成績が上がるノートのコツはここに詳しく書いています!

■先生にほめられる!?ノート術

特に公立中学校では、試験の得点だけでなく、授業態度やノートの取り方も評価の基準になります。

ノート提出を課す先生もいます。

私が中学生の頃、どう頑張っても、数学のノート提出でBしか取れず、Aをとっているお友達にノートを見せてもらったら、

ノートの端を5センチくらいの所で折って、そこにあれこれメモ書きがあったのです。

・「これは試験に出る」
・「ここ、先生が3回言ってたから大事」
・「分数の計算ができなかったから復習する」
・「ここがわからなかったから後で質問する」
・先生の雑談

等々、
板書とは直接関係ない先生の雑談や、その子自身の気付きが書かれていて・・・・

黒板を写すだけでいいと思っていた私にとって、目からうろこでした。

先生の話をきちんと聞いていて、かつ、しっかり頭を使っていなかったらこんなことはできません。

先生が高評価をつけるのも、わかります。

 

ノート提出で良い点を取りたい方はぜひノートを折って、あれこれ書き込んでみてください!

板書はもちろんだけれど、先生の話したことや疑問に思ったことも書いてみよう!

理社はお絵かきの時間ですよ

絵が得意な人にぜひオススメのノート術があります。

 

ノートのページを縦にふたつに折って、左側に板書を写す。ここまでは普通ですね。

 

残った反対側、右側には「左側の板書に出てきたポイントの図や絵」を書いてください。

そのページで一番大事なことを描いてもいいし、重要人物の似顔絵を描いてもいいし、一番おもしろいことを描いてもいいです。

 

だいたいみんな、社会(得に歴史)の教科書に落書きとかするでしょ?

はげてる人物の頭を光らせたり、毛を生やしてあげたりするでしょ?

 

そんな事するんだったら自分のノートにイラスト書いてYO!

 

眠くなったら眠気覚ましにイラスト書いてください。

 

イラストがあると、楽しいのに「真面目に授業受けてる感」「勉強している感」がすごいです。

 

これをやって理科・社会の点が上がった生徒さん、先生に褒められた生徒さん多数です。絵に自信がある人は是非!!

 

絵を書くと記憶にも残りやすいし、先生からも「工夫してるね!」と褒められますよ!一石二鳥!

成績が上がる!おすすめノート

最近は、ノートも種類豊富ですね。

字が綺麗に書ける機能的なノートもあれば、このような、カワイイノートもたくさん出ています。

 

ノートの種類は、学校で指定が無いのであれば、好きなものを使えばいいと思います。

勉強する時に必ず開くものなので、自分の好きな柄、
テンションの上がるものであるほうが勉強を楽しめますよ。

英語のおすすめノート

中1の英語はこれを使うといいと思います。

ノートの上に意味の順番が書かれているため、英語を始めて習う子、書き慣れていない子におすすめです。

 

英語 意味順ノートについて詳しく

英語初心者さんにおすすめ!英語の語順をラクに覚える「意味順ノート」
こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。 英語を始めて学んだとき、「語順」を理解するのが大変だった思い出があります。 実際、生徒さんたちを見ていても、日本語と違う語順になじ...

プリントをなくしがちな人はこのノート

プリントをなくしがちな人はぜひこちらのノートを使ってみてください。

このキャンパスノートカバーは、ノートとプリント用のファイルが一体になっています。

授業中にプリントをもらったら、このノート兼ファイルに挟んでおけば、なくしません!

学校のテストでは、配られたプリントからも出題があるので、すべてなくさずにとっておくことが大切です。

 

このファイルなら、もらったらすぐに教科別にしまっておけるので、なくさない!

プリントをなくしがちな人は全員!これ買って!!!!!

もうプリントをなくさない!整理整頓苦手な人におすすめのノート

もうプリントをなくさない!プリント整理が苦手な人に超おすすめ「キャンパスカバーノート」
学校のプリントをなくさない方法。学校のプリント、ごちゃごちゃになりやすいですよね。プリント整理・プリントの管理が苦手な人にはノートとファイルが一体になった「キャンパスカバーノート」がおすすめ。これを使うとプリントをなくさなくなりますよ!

成績が上がるノート まとめ

いかがでしょうか。
いいノートは見つかりましたか?

ノートは勉強のパートナー。自分に合ったノートが見つかると、勉強が楽しくなりますよね。

しかもそのノートが評価されて、成績が上がったら最高!

 

ぜひ、新学期は新しいノートで勉強に挑戦してみてください!

 

以上、佐々木(@kateikyo_megumi)でした!

 

★ノートにこだわりを持っているあなたにはこちらもオススメ!

数学の成績が上がるノート術 見やすくて計算しやすいノートの作り方
こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。 数学って、ノート作るの難しくないですか? 計算をガリガリやろうとすると、公式や定理をどこに書いたかわからなくなるし、丁寧美しいノートを作ろうとすると、計算が追...
成績が上がる!先生に褒められるノートの取り方・選び方
こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。 今日は女子中学生からの質問です。 新学期なのでノートを新しくします。 せっかくなので、ノートのとり方を工夫して、もっと勉強がうまくで...
もうプリントをなくさない!プリント整理が苦手な人に超おすすめ「キャンパスカバーノート」
学校のプリントをなくさない方法。学校のプリント、ごちゃごちゃになりやすいですよね。プリント整理・プリントの管理が苦手な人にはノートとファイルが一体になった「キャンパスカバーノート」がおすすめ。これを使うとプリントをなくさなくなりますよ!
復習・まとめにおすすめのノート!スマートレビュー 
勉強に欠かせないのがノート。勉強法については「人それぞれ違っていい」「書くだけが勉強ではない」のが基本理念ではありますが、私自身は「書いて覚える」派です。 そのくらい、ノートには強い強いこだわりがあります。 今まで、無印良品以外...
英語初心者さんにおすすめ!英語の語順をラクに覚える「意味順ノート」
こんにちは。佐々木(@kateikyo_megumi)です。 英語を始めて学んだとき、「語順」を理解するのが大変だった思い出があります。 実際、生徒さんたちを見ていても、日本語と違う語順になじ...

 

[無料]勉強法の教科書

中学生向けの勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。総ページ100ページ以上のガイドブックです。
「勉強のやり方がわからない」
「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。

勉強法
スポンサーリンク
スポンサーリンク

都内・横浜で活動するプロの家庭教師です。
「わかりやすい説明」と、勉強がニガテな子どもの気持ちにとことん寄り添う「共感力」の指導に定評あり。趣味は歌うこと。
おかげさまで歴6年、合格率は97%超。著書5冊。取材・寄稿多数。●詳しいプロフィールはこちら

佐々木 恵をフォローする
勉強やる気ナビ
タイトルとURLをコピーしました