記憶力を上げる方法。忘れないために今日からできること

こんにちは。学習コンサルタント佐々木です。

今日は、興味深い記事を見つけましたので共有しますね。
何が違うの?記憶力が優れている人の特徴

3023a6ddb17c871280831af3bcd33e1f_s

 

この記事にもありますが、
人間の生まれつきの記憶力にはそれほど差がないと私も思います。

では、その差は何なのか。

それは、
記憶するために何か取り組みをしているかどうか。

人間の脳には、忘れる仕組みがあります。
アメリカの心理学者エビングハウスの忘却曲線という考え方によると、

20分後には42%を忘却し、58%を保持していた。 
1時間後には56%を忘却し、44%を保持していた。 
1日後には74%を忘却し、26%を保持していた。 
1週間後(7日間後)には77%を忘却し、23%を保持していた。 
1ヶ月後(30日間後)には79%を忘却し、21%を保持していた。

とのことです。
要するに、人間は放っておくとどんどん忘れてしまう、ということが
実証されているんですね。

では、どうするかというと、
覚えたことをできるだけ早く復習することが大切です。

どんなに遅くても、翌日朝には復習をした方がいいです。
そうすれば、記憶は定着しやすくなります。

中学生の生徒さんたちには、
「暗記物は夜寝る前に覚えて、朝復習しましょう」
と指導しています。

記憶を定着させるためには、睡眠が必要。
夜覚えて、寝て、朝復習すればばっちりです。

「どうしても覚えられない~!」
そんな方は、ぜひ早めの復習をしてみてくださいね。

 

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。