人見知りの克服方法 私はこうして人見知りを直した

どうも佐々木です。いきなりカミングアウトしちゃいますが、私、めちゃくちゃ人見知りします。初対面の人と話すのはドキドキしちゃいます。

…なんて話をすると、「えーそんな風に見えなーい」と言ってくださる方も多いのですが…未だに初対面の人とは緊張しまくります。

生徒さんたちと話していると、意外と人見知りさんは多いようで。どうやって直せばいいかを聞かれることも多い。

そこで今日は、私がどうやって人見知りを直したか…いや、どうやってやり過ごしているか?恐縮ながら書いてみます。

 

初対面の人が多い場に行く

社会人になりたてで、あまりにも人見知りが過ぎる私は、人見知りを直すために、交流会的なところにたくさん行きました。

簡単に言うと、場馴れというやつですね。

できれば、そういう場での立ち回りが上手な人と一緒に行って、助けてもらいつつ(笑)、その人の立ち回り方を観察していました。

 

聞き手に回る

「面白いことを言わなきゃ」みたいに構えていると、とてつもなく緊張しちゃいます…

なので、自分から話すことをやめました。

できるだけ相手に話してもらえるよう、聞き手に回ります。人は自分の話を聞いてくれる人に共感を示し、好きになります。

だから、初対面で緊張しちゃうなら、相手の話をよく聞けばOK。自分が一生懸命話さなくていいし、信頼感も得られて一石二鳥です。

 

とりあえずニコニコする

これ重要。一生懸命、口角を上げる…。

 

目を見る

これも苦手だけれど…初対面の時くらいは頑張ります。

目を見るのが怖い時は、鼻のあたりを見たり、耳のあたりをふんわり見たりするといいですよ。

挨拶する

目を見て、とりあえずニコニコして、「こんにちは。」これだけで大概のことはなんとかなります。本当に。

そう思うようにしてから随分楽になりました。気持ちが。

 

メイクにこだわる

女性の方はきっと共感してもらえると思います。

自分の見た目に自信がないと、人の目を見るのが怖くなりますよね。。

メイクができない学生の方は、かならず鏡を持って行って、初対面の方との挨拶の前に鏡で自分の顔をチェックしましょう。そして「いい顔♪」と唱えてみましょう。

 

自己紹介の原稿を用意する

初対面の時に何がつらいって、自己紹介。

何言ったらいいかわからないですよね。自己紹介。

自己紹介の時にあたふたして頭真っ白になって大失敗したら、そのあとずっとダークになりますから…

自己紹介は簡単な原稿を用意しています。

話す内容は、友人が自分を紹介してくれたときの内容を参考にするといいです。

好かれようとしない

いいんです。嫌われたって。

というか、ちゃんと自己紹介して、聞き手に回って相手の話を聞いていたら、そうそう嫌われることなんてないです。

それでも嫌いと思われてしまったら、そもそも相性が悪いのでしょう。何やってもきっと無理です。

そういう相手とは、最初に相性が悪いとわかって良かったと思えばいいです。

まとめ

大丈夫大丈夫。なんとかなりますって。

学生時代、教室の隅っこで本を読んでるようなネクラ女子にも出来たんだから、あなたにも絶対できます。人見知りは治ります。

人見知りを治したい、コミュニケーション上手になりたい方は、こちらの本を読んでみてください。私はこれを読んでずいぶんと変わりました。

大丈夫、人見知りは治ります。

私の人生のバイブルです。

文庫もあります。

 

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。