ウィンザー効果 [心理学法則の豆知識]

ウィンザー効果 とは

直接本人から伝わるよりも、第三者を介して伝えたほうがより影響が大きくなる、信憑性が増す効果。

ウィンザー効果の由来

作家ロマノネスの代表的な小説『伯爵夫人はスパイ』の登場人物・ウィンザー公爵夫人のセリフにちなんで名付けられました。

小説の中でウィンザー夫人は「第三者のほめ言葉がどんなときにも一番効果があるのよ、忘れないでね」と言っています。

 

ウィンザー効果の使いどころ

ほめられて「何か裏があるんじゃないか!?」「騙されてるんじゃないか?」「評価されている気がして嫌悪感を抱いた」「何アイツ、私に気があるの!?」なんて、かえってマイナス感情をもった経験のある人は多いと思います。

直接人をほめると「なんだかいやらしい感じ」になります。

Aさんをほめたいと思ったら、第三者Bさん(できれば口の軽そうな人)を相手に、Aさんをほめます。

そして、Bさん経由でAさんの耳に入るようにする。

第三者からのほめ言葉には、嘘も下心もありません。だから、より信頼に値します。

誰かをほめたいときは、第三者を介してほめると効果がアップするのです。

 

逆に気をつけなければならないのは、悪い情報です。

第三者を介して悪い情報が伝わってしまったら最悪。情報の信頼性が高いからこそ、本人に伝わってしまったら取り返しがつかなくなるでしょう。

そもそも人の悪口を言うべきではないのですが、どうしても言いたいときは口の硬い人に言いましょう。

あるいは、誰かに自分を印象づけたいときは、自分でアピールするよりも、第三者からいい形で紹介してもらったほうが好印象でしょう。

広告が嫌われ、第三者視点の記事(パブリシティ)が好まれ信頼されるのはこういう理由です。

自分を印象づけたい、誰かをほめたいときには、第三者を介すると効果倍増です。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。