カリギュラ効果 [心理学法則の豆知識]

カリギュラ効果とは

制限されたり禁止されると、かえってその行為をやってみたくなる心理現象。

 

カリギュラ効果の由来

1980年に公開されたアメリカ・イギリス合作の映画「カリギュラ」。

表向きは、ローマ帝国皇帝カリギュラを描いた歴史大作だったのですが、中身がハードポルノであり、過激すぎることからボストンなどの一部地域で公開が禁止されました。

しかし、禁止されたことでかえって「どんな内容なのか観てみたい」と話題になり、劇場に人が押し寄せ、大ヒット映画となりました。

 

カリギュラ効果の使いどころ

「このボタンを押さないでね!絶対に押さないでね!いい、絶対に押しちゃダメだからね!」と言われたら…どうですか?

おそらく押すでしょうね。

ダチョウ倶楽部のネタである「押すなよ!押すなよ!」は、間接的に「押せ!」と言っているわけです。

禁止されると、なぜか興味が出て、やりたくなってしまうんですよね。

この方法を上手に使うと、相手に興味を持たせることが可能です。

たとえば、子どもに本を読ませたいなら、子どもが本に興味を示した時に、こう言えばいいです。

「だーめ。この本はあなたにはまだ早いわよ」

こう言われると、もうどうしても読みたくなります。隠しておいたって、子どもは本を探し出して読むでしょう。(ちなみに私はこれで読書に興味を持ちました。)

 

これは私の勝手な意見ですが、大人が「ゲーム・マンガ禁止」と言えば言うほど、学校で「髪染め・ピアス禁止」とか「非行はいけません」なんて指導すればするほど、かえって興味を持つし、やりたくなっちゃうんじゃないかと思うんです。

それよりも「勉強なんて絶対するなよ。勉強は大人のすることであって、子どものすることじゃないからな。お前たちにはまだ早い。遊びたいだけ遊びなさい」とか言ってたほうがよっぽど勉強に興味を持つんじゃないかと思うんです。

上手に使えば、相手から興味をなくすことも、興味を持たせることもできます。

映画「カリギュラ」はハードポルノらしいので、皆さん、買っちゃダメですからね。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。