バーナム効果[心理学法則の豆知識]

バーナム効果 とは

誰にでもあてはまりそうな一般的で曖昧な性格をあらわす言葉でも、自分だけにあてはまる正確なものと思い込んでしまう現象です。

バーナム効果の由来

1956年、アメリカの興行師フィニアス・テイラー・バーナムの “We’ve got something for everyone”(誰にでも当てはまる要点というものがある)という言葉から名付けた理論です。

被験者に何らかの心理検査を実施し、検査結果とまったく関係のない診断結果を与えても、被験者は適切なものだと感じてしまうという実験結果から、この効果が証明されました。

このバーナム効果は、実験者アメリカの心理学者バートラム・フォアの名をとってフォアラー効果(Forer effect)ともいいます。

バーナム効果の使いどころ

占いや詐欺にだまされないように

心理学や占いで、「あなたは今、不安を抱えているんですね。あなたは繊細でとっても優しい人だから…」なんて言われて、思わず「当たってる~!どうしてわかったんですか?」なんて叫んだこと、ありませんか?

そして、すっかり信じ込んで、占い師のことを信用して、話を聞こうとしてしまう。その「今抱えている不安」とやらを解消するために、最終的には高額な壺を買わされるわけですね。

正直、不安なんて、多かれ少なかれ誰でも抱えています。占いに来るということは、何か不安や迷いが少なからずあるのでしょう。

このように、「不安なんですね」「とっても繊細な人ね」「お優しい人だと出ています」というような曖昧な言葉は、大概の人に当てはまりそうです。

でも、言われた側は「すごい!どうして私のことを分かるのだろう?」と、すっかり自分のことを言い当てられた気分になってしまう。特に、ポジティブな言葉は信じ込みやすいもの。

血液型占いはまさにそれで、血液型と性格の因果関係は証明されていないにも関わらず、多くの人が信じています。誰だって「几帳面」で、「自分中心」で、「おおらか」で「変人」な一面を持っているものなのです。

このように、占いや、詐欺でこの手法がよく使われますので、騙されやすい人は気をつけましょう。抽象的で誰でも当てはまる言葉を言われても、すぐには鵜呑みにしないことが大切です。

人から好かれたい時に

人から好かれたいと、興味を持ってもらいたいと思ったら、多くの人に当てはまりそうな言葉を使って「私のことだ!」と思わせるのがコツです。

「長年、ニキビに悩まされていたあなたへ。何を使っても、改善されなくて、辛い思いをしてきたのではないですか?」と言われれば、ニキビに悩む人は「私のことだ!」振り向き、続きを知りたくなるでしょう。

また、興味のある人、仲良くなりたい人に対してバーナム効果を使えば、仲良くなれるかもしれません。

「○○さんって、すごく頼れる人って印象があるけれど、実は繊細な面もありますよね。」

普段の印象と逆のことを言うと、「この人は私のことを分かってくれている!」と信頼度がアップします。(ああ、こんなこと言われたらグラッとしそう…)

みんなから「頼れる」と思われている人は、人に弱さを見せられない一面を持っていたりするもの。皆から言われている印象と逆を言うのがポイントだったりします。人間の性格には二面性があるものなのです

つまり、「あなたってAだけどBな面もあるよね」(AとBは対極)は決めゼリフになります。ここぞという時に、ぜひ使ってみて下さい。

 

きっと、このブログを読んでいる皆さんは、勉強熱心な方が多いと思います。でも、その一方で、きっと大変な苦労もされてきたと思います。悩んだり、困ったことがあったら、ぜひまたこのブログを見に来て下さい。心理学や勉強法の知識をたくさん発信していますので、何かヒントをつかめるはずです。

 

 

・・・以上、バーナム効果のご紹介でした。

 

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。