やる気が出ない!勉強のやる気が出ない時の手抜き勉強法6選

「どうしてもやる気が出ない!」

やる気が出ない、やりたくない時もあります。でも、それでもなにかしておきたい。少しでも前日より進歩したい…そんな気持ちになること、ありませんか?

人間ですから疲れる時もあります。やりたくない時もあります。ああもう寝てしまいたい!そんなとき、どうしているか。

 

自分からは動きたくないので、「気軽にできること」「自動で入ってくること」だけをします。

①憧れの人の本を読む

ひすいこたろうさんの名言集は本当好き。

読んでいて元気が出てきます。まさにセラピー。

 

 

 

 

②音声を聞く

本を読むとなると、ある程度の集中力とエネルギーがいります。目を動かすのも文字を読むのも大変…。

しかし、「聴く」だけなら、耳が勝手にやってくれますので、疲れていても大丈夫。とりあえず、耳にイヤフォン突っ込んであとは耳にお任せします。満員電車ではいつもそんな感じです。

おすすめはこちら。

芥川賞もオーディオブックで”聴ける” – FeBe(フィービー)

「本を聴く」ということで、本を音声を配信しているサイトです。ここで自己啓発の本を買って倍速で再生しています。

学生さんなら、教科書を音読して録音しておくといいです。スマホには録音機能が付いているモノが多いので、録音して聞き流す。

好きな人に音読してもらって録音したら、学習効率が上がりそうですね。私もやってみたい。でも相手がいない。

特に社会などの暗記科目と、音韻が美しい古文でこの方法がオススメ。

集中力もパワーもいらずに、知識が入ってくる、楽々手抜き勉強法。

 

③動画を見る

好きなYouTuberさんの動画を見ています。特に好きなのはこれ。

精神科医 樺沢紫苑の樺チャンネル

 

精神科医 樺沢紫苑先生のYouTubeチャンネル。心理学、精神医学に基づいた効率のよい仕事術や勉強法、メンタルに関する動画が無料で見られます。
いちど再生ボタンを押すと連続で流れまくるので、これをひたすら見ています。仕事術などのビジネスハックも多いので、自然とやる気が出てきますよ。

 

あ、勉強のやる気が出ない人にはこっちの動画もおすすめです。

 

手前味噌でスミマセン。

 

 

④好きな映画を観る

やる気が出ないとき、何もしたくない時というのは、エネルギーがない状態で、疲れきっています。そんな自分を元気づけるために、主人公が幸せになる系の映画を見ます。

洋画なら「英語の勉強」という名目にできるかも。

⑤単純作業をする

私にとって「やる気がないとき=あまり考えたくないとき」でもあります。

考えたくない!頭使いたくない!それなら体を使えばいいのです。考えなくていい作業をひたすらします。

例えば領収書を伝票に入力しまくってみたり、
コピーを取りまくってみたり、
シュレッダーにひたすら書類を流し込んだり。

勉強なら、

ひたすら書きなぐる
計算しまくる
漢字練習する

などなど、思考のいらない勉強をずーっとします。

これを数十分すると、なんだかすっきりします。ウォーミングアップになるので回路が温まってやる気が出てくることも。

 

⑥寝る

本当に疲れた時は寝ましょうよ。

やる気のないときは何やったって頭に入りません。

まずは体力と気力を回復。疲れていたら頭に入りませんし、アウトプットの質も悪くなります。体調を整えたほうが、成果を得やすくなるでしょう。

さあ寝ましょう。

 

まとめ

疲れた時、やる気のないときでもできることはあります。

受動的になってみる、ひたすらインプットする、考えなくていい作業をする、思い切って休むなど。

大切なのは、あまり無理をしないこと。

無理をしたら、ほどなくして潰れてしまいます。勉強は苦行ではありません。自分を成長させてくれる楽しいことなのです。それを忘れないでほしいです。

さあ、まずは小さなことから始めてみましょう。

 

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。