ほめ下手さんこそ実践したい「やる気アップ」の声かけ 大切なのは上下よりも対等さ

こんにちは。佐々木です。

先日の記事で、アドラー心理学についてご紹介しました。
記事はコチラ

アドラー心理学では、ほめてもいけない、叱ってもいけないと言われています。

え?ほめてはいけない!?

私、今まで「お子さんをもっとほめましょう」と言ってきたのですが・・・
一体どういうことなのでしょうか?

人をほめてはいけない理由は、大きく二つあります。

1:上下関係

ほめるというのは、通常、上から下へなされることです。たとえば、こんな場面を想像してみてください。

あなたの部下が、あなたに向かってこう言います。「よく頑張りましたね」と。

ほめ言葉を、部下から言われたら、どうでしょう?相手は悪気はなく、むしろ相手を立てる?つもりで言っているのしれませんが…どうでしょうか。
正直、ちょっとイヤではないですか?

私は以前、年下の方からほめられて、正直ちょっとむっとしてしまったことがあります。

みなさんにもありませんか?
部下からほめられて、むっとしたことが。

あるいは、尊敬できない上司からほめられて、何ともいや~な気持ちになったことが。

ほめるという行為の裏には上下関係があります。ほめた時点で、相手との上下関係を無意識のうちに作り上げてしまうことになるのです。

アドラー心理学には、すべての人間は対等であるという考えがあるので、上下関係をつくる「ほめ」ではなく、対等であることを前提とした「勇気づけ」をするのです。

2:承認欲求

人間には、人から認められたい欲求「承認欲求」があります。

たとえば、子どもが勉強しているときにほめてしまうと、子どもの承認欲求が満たされます。これを続けていくと、子どもは「ほめられるために勉強する」ようになってしまうのです。

勉強をするのは、ほめられるためではありませんよね。

承認を与えることによって、相手は承認なしでは動けなくなってしまう危険性があるとアドラーは警鐘を鳴らしているのです。

つまり、上下関係をつくるようなアプローチはNG、
承認欲求を満たしすぎるのはNG、ということですね。

 

そこで出てくるのが、「勇気づけ」なのだそうです。

上からほめるのではなく、
「助かったよ、ありがとう」と感謝を伝えるのが理想とのこと。

ほめる、ほめられるのが苦手な方は、もしかしたら、裏に潜む上下関係や承認欲求に対して、抵抗感があるのかもしれませんね。ほめるのが苦手なら、無理してほめずに、感謝すればいいのですね。

今日からぜひ「助かったよ、ありがとう」を使ってみてはどうでしょうか。

◆参考図書

アドラー心理学の要点がわかる!ポイントを図解しているので、これだけで「アドラーってこうだよね」と語れるようになる一冊。

アドラー心理学初心者にオススメ。右ページがまとめ、左ページが解説になっているので、気になるところだけを拾って読めます。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。