やる気が出ない!そんなときにするべきこととは

 

こんにちは。学習コンサルタント佐々木です。

先月5月は、寄稿の依頼が多数ありまして、とっても大変でした。普段、ライターの仕事はコラム4本、毎月合計6,000字程度なのですが、ありがたいことに、先月はコラム7本と記事1本で15,000字近く書きました。

 

書くのは大好きですが、ブログを書きながら、メルマガを書きながら、しっかりと執筆もしていくのは至難の業ですね。

 

特に、書く仕事は相手が目の前にいません。

 

相手がいない仕事って、やる気が出ないとなかなか進みませんよね。

そんな時の私流「やる気の出し方」についてご紹介させていただきます。

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

①場所を変える

家で仕事をしていると誘惑がいっぱい。
どうしても、布団に潜り込みたくなります。
なので、もうだめだと思ったら近くの喫茶店にこもります。

学生さんの場合なら、塾の自習室に行ったり、お友達の家に行ったり、
自分の部屋ではなくリビングに移動してみると、気分が変わっていいですよ。

 

②期限を早めに設定

25日が締切のものは、23日までに終わらせる!というように、
少し早い「マイ締切」を設定し、追い込みまくります。

そして、締め切り2日前からスマホのカレンダーアプリで通知が来るように設定。嫌でも締め切りを意識せざるを得ません。

 

今回の執筆依頼はすべて25日が締め切りでしたが、23日までに提出できました。
宿題を期限より早く提出できたら、気分もいいし、評価もあがりますよ!

 

③「とりあえず、5分だけ頑張ってみようかな」作戦

やる気が出ないときは、5分だけのつもりで、それに取り組んでみましょう。

そうすると、気がついたら30分経っていた!なんてこと、ありませんか?
とりあえずやり始めたら集中力が発揮され、5分なんてあっという間です。
机にさえ向かえば、なんとかなるものです。

2時間・3時間、あるいは1日中それをやる前提だから、なんだかダルイし、やる気になれないんです。

私も、普段からやる気に満ち満ちているわけではありません。
やる気が出ない~~~~!!なんていう時ももちろんあります。

 

そういう時は、この「やる気の出し方」を参考にしてみてくださいね。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。