「進学したい」それ、本当にあなたの意志ですか?

勉強するのかしないのかは、自分で決めたらいいと思います。なぜなら、自分の人生だから。

多くの人が「勉強したくないけれど進学したい」と言います。

正直、疑問です。
勉強したくないのに進学して、どうするのだろう。

正直に言ったほうがいいと思う。

本音は大きく分けて3つでしょう。

ひとつは、「勉強したくないけれど、就職するのが怖い。だから進学する」という、逃げ型。

お金をもらうのには責任が生まれる。その責任を背負うのが怖いから、背負わなくて良い学生になりたい。そのために、とりあえず学ぶ。

まあ、”出資者”がそれでいいと言っているなら、それでいいのかもしれない。結局、お金がすべてなのだろうか。

「入学金、自腹だったら、行きますか?」

 

ふたつめは、

「みんな進学するし、とりあえず進学しないとマズイ気がするし…」という、流され型。

たしかにそうだけれど。

みんなに流されて、あなたは、幸せですか。

みんなと一緒なら、幸せなんですか。

あなたはその「みんな」に忠実に、誠実についていくのに、その「みんな」は、いつかあなたを置き去りにする。

 

そしてもう一つ。

「親がそう言うから。先生がそう言うから。」という、指示され型。

そんなの、あなたの意志じゃないですよね。

確かに、周りの意見を聞くことは、とっても大切なこと。でも、意見を聞くことと、意見を受け入れることは、似ているようで全く別

あなたに「ああしなさい」、「こうすべきだ」と言うその親も、先生も、いつかすべてを忘れていくのに。

 

それ、本当にあなたの意志ですか?

 

あなたは今、どこにいますか?

あなたのやりたいことは、何ですか?

あなたは、何をしているとき、いちばん幸せですか?

 

あなたは、それでしあわせですか?

 

「みんな」を追いかけるのも、誰かのせいにするもの、誰かに依存するもの、もうやめよう。

せっかく学ぶなら、好きなことをとことん学ぼう。

「じぶんが」やりたいことをしてみよう。

だれかのために生きるの、もうやめよう。

 

あなたの人生は、あなたのもの。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。