毎日勉強する!勉強を毎日続ける方法

こんにちは。毎日ブログを更新したいのに、なかなかできなくて悶々としている佐々木です。

毎日勉強したいのに、勉強するといつも3日坊主でなかなか続かないという人、多いのではないでしょうか。

勉強が苦手な人は、そもそも毎日勉強なんて言われたら、かなり大変だと思います。

勉強嫌いを克服するためには、どうすれば毎日勉強できるのか、どうすれば続くのかは一つのテーマです。

そこで今日は、勉強嫌い、勉強苦手さん向けに「勉強を習慣にするステップ」をご紹介します。

勉強=楽しい!の状態を作る

好きなことは習慣化できるもの。スマホやゲームなら「よし、習慣にしよう」と思わなくても習慣にできますよね。

なぜでしょう?
それは、スマホやゲームが「快」だから。やっていて楽しいからです。
勉強をしたくないのは、「勉強=不快」、つまり、嫌い、嫌なことだと思っているから。

「勉強=快」、つまり、勉強って楽しい!にもっていくことが最大のコツ!

ステップ1 「ちゃんとやらない」

嫌いなことをまずは続ける。
完璧にやろうとするとイヤになる!
よく「学年×時間数は勉強しなさい」といいます。
中2なら一日2時間ということですね。

でも、毎日学校に通って、部活してへとへとになって、そこから1日2時間も勉強できますか?

勉強が苦手な人には無理難題ですよね。

だから、まずは簡単に始めること。
5分でもいいし、1問でもいいし、寝ながらでもいいし、ちょっとしたことでもいい。

「やるぞ」と決めた日に勉強をもりもり3時間やったとします。明日も3時間できますか?その次の日もできますか?

最初にもりもり頑張ったとしても、そのテンションは続きません。3日坊主のもとです。

勉強のやる気が出る、たったひとつの方法とは

2017.04.20

ステップ2 ニュートラルを目指す

たった5分、たった1問では、言うまでもなく、学習効果は薄いです。
でも、そこは問題ではありません。

毎日勉強するためには、勉強は不快という思いこみをはずしてあげる必要があります。

こうしてたった一つでも、小さなことでも、達成感を積み重ねることで「勉強=不快」から、勉強がニュートラル、つまり快でも不快でもない状態に入ります。「勉強が苦痛でない」状態。

ここまでくれば第二段階。

イヤなことを習慣化するコツは、まずはこの「ニュートラル」を目指します。

多くの人は、勉強=不快の状態のまま習慣化しようとするので、うまくいきません。

まずは小さく小さく始めて、毎日続けて「毎日して当然、しないとき持ちが悪い」状態を目指しましょう。

ステップ3 快の状態にもっていく

最初は小さく始めて、やっていくうちに、時間が伸びたり、解ける問題数が増えていきます。当初の目的を達成できて「うれしい」「気持ちいい」感情が生まれます。ポジティブな感情が生まれてくると、「勉強=快」の状態のできあがり。ここまで来るとやめられなくなります。

これが習慣化のコツです。

勉強嫌い撲滅!みんな勉強を好きになろうよ

勉強嫌いをなくしたい。そして、できれば勉強を好きになってもらいたい。
たしかに、1日○時間勉強しました・・・みたいなのはすばらしいと思うのですが、勉強が嫌いな人にいきなりそれを求めるのは、ちょっと違うと思います。

1日○時間勉強しました!に物申す その考えが勉強嫌いを生むことに気付いてほしい

2016.11.08

跳び箱を跳ぶときは、まずは4段くらいから始めて、徐々に段を増やして練習していくでしょう。
勉強にも、同じように段階があります。

嫌いな勉強を毎日しようとするのはハードルが高すぎる。ハードルが高すぎると、飛べなかったときに自信をなくして、自己効力感を下げてしまいます。
結局、続かない自分を責めたり、他人から責められたりして自信を失う。勉強=不快という思いがさらに強くなってしまいます。

 

だから、まずはできることをする。

少しでもいいから、「毎日すること」を目指してみてください。

跳び箱が飛べるようになったら嬉しいのと同じで、勉強もできるようになったら嬉しいもの。

勉強は自分を成長させられるもの、本来楽しいものです。

だからまずは小さなことでもいいので、やってみてください。

勉強法の教科書

[無料]勉強法の教科書

中学生の勉強のやり方をまとめて、無料で配布しています。 総ページ100ページ以上のガイドブックです。

「勉強のやり方がわからない」 「やり方さえわかればできるのに」とお悩みの方はぜひご覧いただき、勉強に役立てて下さい。